【G大阪】遠藤保仁や昌子源の大切なものとは? 『ホーム』で勝とう、ガンバとともに。プロジェクト開始!

G大阪の井手口陽介を出迎える宮本恒靖監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

選手の大切なものを掲げた動画を作成、次はオンライン販売しているパートナーの飲食店を紹介予定。

 J1リーグのガンバ大阪はこのほど、世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず日本では緊急事態宣言が発令され、多くの方々が心身のストレスと経済的な不安を抱え、日々の生活を過ごしているなか、「#ホームで勝とう ~ガンバとともに~」 のプロジェクトを立ち上げた。

 このプロジェクトは、「今できること」に取り組み、サポーター・ファン、パートナー、ホームタウンなど、ガンバファミリーはもちろん、最前線で戦っていただいている医療従事者の方々や多くの方に元気や勇気、希望を与えることで、いつも応援頂いている恩返しを少しでも行い、ともに「Stay Home」で新型コロナウイルスに打ち勝つという想いから行われる。

 まず、プロジェクトのスタートとして、選手やパートナー、ホームタウンの方から「あなたにとって大切なもの」、もしくは「今、一番伝えたいこと」を書いたメッセージを持った写真でムービーを制作。遠藤保仁、昌子源、井手口陽介、東口順昭をはじめG大阪の選手が「新型コロナウイルスに打ち勝ち、大切な人やモノを守り、幸せな日常を取り戻す」という強い想いを表現した内容になっている。クラブは「ぜひご覧いただきたいと思います」と呼び掛けている(URLは https://youtu.be/Y_vOT7PzSbA )。

 G大阪によると、このプロジェクトでは次に、「オンライン販売しているパートナーの紹介、ホームタウン内にある日頃よりガンバ大阪応援いただいている飲食店舗の紹介」を準備しているということだ。それ以降も、新型コロナウイルス感染対策に関する、クラブとしての取り組みを案内。クラブは「この困難な状況が1日でも早く過ぎ去るため、全員が「Stay Home」で戦っている今、このプロジェクトに皆様もご協力いただければと思います。 どうぞよろしくお願いいたします」と呼び掛けている。

関連記事:【日本代表】市場価格ランキング。中島、久保、南野…コロナ禍で暴落気味!?急浮上はあのDF

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads