【浦和】鈴木大輔が「Jリーグ発足時からレッズサポーター」の浦和医師会にマスク5000枚を寄贈

浦和の鈴木大輔。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

鈴木「微力ながら浦和の街のために」「これからも自分にできることを探していこうと思います」

 J1リーグ浦和レッズのDF鈴木大輔がこのほど、新型コロナウイルス感染症が流行するなか、クラブを通じて、一般社団法人浦和医師会にマスクを寄贈したと発表した。マスクは5月8日から同医師会を通じて、鈴木の直筆メッセージとともに、さいたま市内の322の医療機関・病院に納品される。

 浦和医師会の登坂英明会長は次のように感謝している。

「新型コロナウイルス感染症の流行により、どの医療機関でもマスクが購入できず大変不足しているなか、5000枚もの貴重なマスクをご寄贈いただき、心より御礼申し上げます。ご寄贈いただいたマスクは、鈴木選手からのプレゼ ントとして、会員医療機関へ配布し、有効に活用させていただきます。

 鈴木選手におかれましては、Jリーグの開幕が延期となり、調整にも大変苦労されていると思いますが、浦和医師会はJリーグ発足時から浦和レッズのサポーターです。再開されましたら、埼玉スタジアムに行って浦和レッズを応援したいと思います。この度は大変ありがとうございました」

 一方、鈴木は次のようにコメントしている。

「今回、微力ながら浦和の街のために少しでもできることがしたくて、浦和医師会にマスクを寄贈させていただきました。僕ひとりの力は本当に小さなものですが、最前線で戦う方々に少しでも激励と感謝のメッセージを送りたいです。これからも自分にできることを探していこうと思います」

関連記事:【浦和】槙野智章は「上半身強化&指導者B級講座」で内と外からスケールアップ中

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads