×

【浦和】DFショルツ獲得が正式決定!今季デンマークリーグMVP「とても興奮」。背番号は…

浦和への加入が決まったアレクサンダー・ショルツ。(Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

ユンカーとの北欧ラインで上位進出なるか。

 J1リーグの浦和レッズは5月31日、元U-21デンマーク代表で同国1部(スーペルリーガ)FCミッティランに所属してきたDFアレクサンダー・ショルツ( Alexander Scholz )を完全移籍で獲得したと発表した。背番号は「28」に決まった。

 ショルツは1992年10月24日生まれ、デンマーク出身、28歳。189センチ・84キロ。これまでのキャリアは、ヴェイレBK(デンマーク) ― UMFストヤルナン(アイスランド) ―スポルティング・ロケレン(ベルギー) ―スタンダール・リエージュ(ベルギー) ―クラブ・ブルージュ(ベルギー) ―ミッティラン。

 右利きのセンターバックで、リーダーシップを発揮して最終ラインを統率し、ドリブルや前線へのパス供給で攻撃の起点にもなる。セットプレーでの得点も期待できる。また選手の投票で選ばれる同シーズン、デンマークリーグの最優秀選手(MVP)にも選ばれている。

 ショルツは浦和のファンとサポーターに向けて、「初めまして。浦和レッズでの新たなチャレンジを始められることに、とても興奮しています。浦和レッズは、素晴らしいファン・サポーターがいる、とても良いクラブだと聞いています。浦和レッズファミリーの皆さんにお会いできるのを心待ちにしています。どうぞよろしくお願いいたします」とコメントしている。

 2020-21シーズンは、UEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ6試合を含め公式戦45試合・10ゴールを記録。1対1の守備に加えてセットプレーからの得点力も、大きな武器となる。2019-20シーズンにはデンマークリーグ制覇も成し遂げている。

 すでに加入が決まっている同い年であるデンマーク人ストライカーのFWキャスパー・ユンカーとショルツ、浦和の北欧ラインでさらなる上位進出を目指す。

注目記事:「下手したら死にます」松本GK村山が頭を激しく蹴られる。栃木監督の“指示”も関係?選手生命に関わると警鐘

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads