原口元気が鮮烈ゴール「素晴らしいメンタリティを示した」ハノーファー監督も勝利を喜ぶ

ハノーファーの原口元気。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

カットインから右足を振り抜く。同点弾のPKも獲得。

[ブンデスリーガ2部 27節] オズナブリュック 2-4 ハノーファー/2020年5月23日/オスナテル・アレナ

 新型コロナウイルスの感染者が出たことで先週のディナモ・ドレスデン戦が延期されたハノーファー96が5月23日、中断明け初戦となるアウェーでのVfLオズナブリュック戦に臨み、4-2の勝利を収めた。日本代表MF原口元気が決勝点のPKを獲得するとともに、得意とするカットインから1ゴールを決めて、勝点3の獲得に大きく貢献した。

 ハノーファーは1-2とリードを許す展開に。しかし75分、原口がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをマーヴィン・ドゥクシュが決めて2-2に追い付く。

 そして80分、巧みなコンビネーションからドゥクシュが再び決めて、アウェーチームが3-2と逆転に成功する。

 迎えた85分、左サイドのフリーキックからパスを受けた原口が、カットインで持ち込み右足を振り抜く。ボールは横っ飛びしたGKの手を擦り抜けてゴールネットを揺らし、試合を決定づける4点目に! ハノーファーがアウェーで貴重な勝点3を手に入れた。

 ハノーファーのケナン・コチャク監督は試合後、次のようにコメントしている。

「勝点3と勝利にとても満足しています。立ち上がりは悪かった。スペースを上手く突けず、受け身になりすぎました。後半も悪いスタートで(47分に2失点目)、ボールを追いかける展開が続きました。ただ、そこからPKで追いつき、3-2、4-2として、素晴らしいメンタリティを発揮してくれました。私のチームを誇りに思います」

 ハノーファーは9勝8分9敗(38得点・39失点)の勝点35で暫定9位に浮上している。原口は2部リーグ24試合・5得点・2アシスト。

関連記事:東京Vの藤本寛也がポルトガル1部に「期限付き+買取オプション」で移籍か。地元メディアが報じる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads