【Jリーグ】6月最終週or7月第1週に再開へ、村井チェアマン「決して気を緩めず」。FC東京は26日に小平で再起動!

トピックス・ニュース, Jリーグ

FC東京Jリーグ

サカノワスタッフ

FC東京のアダイウトン。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「健康を第一にした安全な再開に向けて、 より一層努めていく」。全国の緊急事態宣言の解除に伴いコメントを発表。

 Jリーグの村井満チェアマンは5月25日、北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の5都道県の緊急事態宣言が解除されたことを受けて、コメントを発表した。Jリーグは5月29日にも、J3の開幕、J1とJ2の再開する日程を発表する。選手からは4、5週間は調整期間が必要という声も出ていて、また政府は6月19日以降に都道府県をまたいでの移動も認めるという見解を示しているため、6月最終週、あるいは7月第1週から無観客でのリスタートとなりそうだ。

 村井チェアマンのコメントは次の通り。

――◆――◆――◆――

 本日、緊急事態宣言が全面解除されました。

 全国のファン・サポーターの皆さまには、 ご自身や周囲の方への感染予防のため「STAY HOME」にご協力いただいていることに改めて感謝申し上げます。

 活動を休止していたクラブも、安全を考慮しながら徐々に練習を再開しはじめています。

 明るい兆しが見えてきたことを嬉しく思う一方、 決して気を緩めることなく、国民の皆さまの健康を第一にした安全な再開に向けて、 より一層努めていく所存です。

 ぜひ皆さまも、「SAVE HOME」大切なご家族やホームタウンを守るため、 引き続き充分な感染予防を心掛けていただければ幸いです。

 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ チェアマン 村井満

――◆――◆――◆――

 また、FC東京は5月26日から、 小平グランドでのトレーニングを再開する。当面の間は、 グループごとに時間帯を分けて練習し、 手洗い、 うがい、 用具の消毒の徹底など選手の体調管理を徹底。 最大限の感染予防対策をしていく。当面の間、練習は非公開となる。

関連記事:久保建英の来季、レアル・マドリードはベティスとソシエダを“推薦”か。鍵はウーデゴールの動向?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads