日本代表新拠点「高円宮記念JFA夢フィールド」の安全を祈念して神事が執り行われる

「高円宮記念JFA夢フィールド」で執り行われた神事。(C)JFA

反町康治技術委員長は「サッカーの振興のために有効活用していきたいと思います」。

 日本サッカー協会( JFA )は6月8日、千葉県千葉市にある子守神社で、完成した「高円宮記念JFA夢フィールド」の堅牢かつ安泰な稼働、並びに施設を利用する全ての人たちの怪我や事故なくサッカーに取り組める安全を祈念して神事を執り行った。

 同フィールドは日本代表の新たな活動拠点となり、さらに指導者・審判育成の場としても活用。加えて、スカウティング、コンディショニング、メディカルなどのデータを集積して、全国の都道府県に情報を発信していく。今年1月に竣工し、当初は4月上旬に開所を予定していた。

 しかし、新型コロナウイルスの影響を考慮し、現在も閉館している状況にある。そしたなか、地元の方たち、建設に直接携わった方たちを招いての開所式はできなくなったものの、今回、最小限の人数で竣工神事を執り行った。

 神事には、JFAの反町康治技術委員長をはじめ、千葉県サッカー協会、建設に携わった関連企業の代表者らが出席。今後は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を十分に講じながら、順次、利用を始めていく。

 反町委員長はJFAを通じて、次のようにコメントしている。

「コロナ禍により、多くの方をお招きした式とはなりませんでしたが、工事関係の皆様のご出席のもと、本日滞りなく神事を執り行うことができましたこと、とても喜ばしく思います。今後『JFA夢フィールド』は代表活動を中心として、サッカーの振興のために有効活用していきたいと思います」

高円宮記念JFA夢フィールドのドレッシングルーム。(C)JFA
高円宮記念JFA夢フィールド (C)JFA
高円宮記念JFA夢フィールドのフィールド。(C)JFA
高円宮記念JFA夢フィールドのトレーニング施設。(C)JFA

関連記事:日本女子プロサッカー「WEリーグ」誕生、2021年秋6~10チームで開幕へ

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads