浦和通算100点目、興梠慎三の本音「記録は一人の喜び。勝ってみんなで喜ぶほうがいい」

仙台戦後にオンラインでの取材に応じた浦和の興梠慎三。(C)SAKANOWA

「レオ的にはワンツーを狙って僕に出したと思います。ただ得意な左足のシュートに持っていけるチャンスでした」

[J1 3節] 仙台 1-2 浦和 /2020年7月8日18:00/ユアテックスタジアム仙台

 浦和レッズの興梠慎三がベガルタ仙台戦で途中出場から決勝ゴールを決めて、2-1の勝利に導いた。興梠は浦和で通算100ゴール目を達成。仙台戦は9年連続18点目。

 連戦の中でベンチスタートとなった興梠は、68分に杉本健勇と代わって2トップの一角に投入される。

 すると83分、レオナルドからの縦パスを受けると、そのまま反転。金正也を一瞬でかわすと、左足でシュートを突き刺す。これが決勝点となり、チームに今季2勝目をもたらした(2勝1分)。

 興梠は試合後、次のように振り返った。

「ペナルティエリア内でボールをもらった時にはシュートを打ちたいと思っていました。レオ(レオナルド)的にはワンツーを狙って僕に出したと思います。ただ得意な左足のシュートに持っていけるチャンスで、ファーストタッチがすごくいいところに決まったので、取れて良かったと思います。

 昨年から今年にかけて、途中から入った選手がなかなか結果に結びつかずにいたので、今日は途中から自分が出た時には何かしら結果で残したいと思っていました。まずシュートを打とうという意識はありました。狙い通りでした」

 一方、仙台との相性については「相性がいいと思ったことはありません。結果的に得点という形がついてきている。自分としては、そんな感じはしません」と語った。

 浦和での100ゴール目。興梠はその価値について、次のように語った。

「嬉しいですけれど、100ゴールは自分だけが嬉しいこと。チーム全体で喜び合えるのはチームが勝つこと。個人としては、チームが勝って、みんなで喜び合いたい。それだけにこうして自分がゴールを決めて勝ったこと、それをすごく嬉しく思っています」

 興梠はそのように語り、改めてゴールに結びつけてきた周囲へのサポートに感謝した。次節12日はホームで、一部観客動員が認められるなかで迎える鹿島アントラーズ戦だ。

関連記事:【浦和】「あそこで決めるのが興梠慎三」と大槻監督。エースが浦和通算「100ゴール」、仙台から9年連続18点目

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads