【鹿島】ザーゴ監督やっと笑顔。しかし湘南戦へ「若くエネルギーがあり危険」と警戒

時に柔和な表情を浮かべたが、湘南戦の話題となると厳しい表情に。オンラインでの取材に応じた鹿島のザーゴ監督。(C)SAKANOWA 協力:鹿島アントラーズ

スカウティングを進め、「狙うところを準備している」とも明かす。

[J1 7節] 湘南 – 鹿島/2020年7月22日19:00/Shonan BMWスタジアム平塚

 鹿島アントラーズのザーゴ監督が7月20日、オンラインによる取材に応じて、2日後のアウェーでの湘南ベルマーレ戦に向けて抱負を語った。18日のホームでの横浜F・マリノス戦では4-2で撃ち合いを制し、今シーズン公式戦初勝利を収めた。その試合を前にした緊張感の張り詰めていた時から一変。昨季王者相手に充実した内容で勝利を収められたことで一つ肩の荷が下り、指揮官はすっきりした表情で時に笑顔も浮かべつつ、ただし湘南戦に向けては厳しい表情で「非常に危険な相手」と警戒した。

 ザーゴ監督は何よりもまずしっかりチームとして積み重ね、一つ「結果」として現れたことを喜んだ。

「選手たちは意欲的にコンセプトにトライしてきたわけで、それに対して悪い評価はしていませんでした。それが消極的であれば問題でした。鹿島の選手たちはとても意欲的に取り組んできました。これに満足せず継続することが大事で、それを求めます。昨季の優勝チームから素晴らしい勝利を収められ、そのことは評価できると思います」

 そして22日には湘南と対戦する。横浜FMとは対照的に、縦へのスピードを前面に出して、素早いテンポでゴールを狙ってくる。ここで勝てれば、自信はさらに深まりそうだ。

「ベルマーレは若くてスピードと勢いのある選手が多く、エネルギーを活かしてゲームに臨んでくる非常に危険な相手。その若さに勝る経験を出すことが求められます。力を冷静に発揮することが大事になります。もちろん、それはこの試合に限らないことではありませんが、自分たちのプレースタイルを落ち着いて出そうとすれば、できるはずです。また今日の練習でも、相手に対する狙うところを準備しています。それがしっかり試合で、自然に出せればと思います」

 そのように、いくつかの狙うべきポイントがチーム内で共有されていることも明かされた。

 中3日で臨む連戦とあって先発メンバーの変更はあるのか? それとも前節と同じスタメンで臨み連係を高めながら勝利を目指すのか? ザーゴ監督のもと、鹿島がアウェーの地で連勝を狙う。

関連記事:【鹿島】「僕が拍手をしたいぐらい」上田綺世が2得点、盛大な拍手に感謝

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads