【大分】片野坂監督はザーゴ色がシンクロしてきた鹿島を警戒「自信を持ったプレーを見せ始めている」

大分の片野坂知宏監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

3連敗で食い止め、8月の逆襲につなげられるか。

[J1 8節]大分 – 鹿島/8月1日19:00/昭和電工ドーム大分

 J1リーグ・大分トリニータの片野坂知宏監督が7月29日、オンラインによる記者会見で8月1日の鹿島アントラーズ戦に向けた抱負を語った。3連敗で食い止め、8月の逆襲につなげられるか。

 片野坂監督が現役の柏レイソル時代、チームメイトだったザーゴ監督が就任。指揮官は鹿島の印象について次のように語る。

「新しい監督になられて、選手も変わって、トライされるなかで時間がかかるだろうなという状況で結果を残せずにいる印象です。しかし最近の試合を見ていても、鹿島の伝統である攻守でハードワークする激しいプレーは見られています。選手層が厚く、時間かかかっても徐々にザーゴさんのやりたいサッカーと鹿島の伝統が、徐々にすり合わせされながらフィットしてきている感じがします。ブラジル人選手を含めて自信を持ったプレーを見せ始めています。結果が出ていないからと言って、安々と勝点を奪えるチームなどあなく、あくまでも上にいるチームだと思います」

 そのようにザーゴカラーが鹿島の伝統とシンクロしてきた、新生・鹿島を警戒する。

 大分は韓国籍のムン・キョンゴン以外、登録はすべて日本人選手である。だからこその強みもあり、その“大分らしさ”で立ち向かうと改めて意欲を示す。 

「コミュニケーションを取りながら、組織として戦い、それを強みにここまで来ました。組織として、チームとして、戦えるようにしていきたい。個の能力が長けた選手はJ1のどのチームにもいます。そこは粘り強く守備をしていくこと。だからこそ、消極的な守備はせず、全部が全部ではありませんが、もっと積極的に、メリハリを持たせてマイボールにしていきたい。そのためにも、万全な状態の選手、闘える選手をチョイスして、チャレンジしていきたいです」

 ミーティングも開かれて、片野坂監督は選手からの忌憚のない意見にも耳を傾けたという。そのうえで頭をクリアにして、一枚岩になって挑めるか。鹿島を倒すには、まさに総力で挑むことが最低条件となる。

関連記事:【鹿島】ザーゴ監督が大分戦へ抱負。柏時代の同僚・片野坂監督は「選手でもベンチでも常に汗をかいていて熱いね」

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads