ビジャレアルいよいよ始動、久保建英が「間もなくメディカルチェック」。エメリ監督も初日からの合流希望

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

『アス』が報じる。「公式には発表されていないが、プレーすることが決まった」

 間もなく「ビジャレアル久保建英」が誕生する――。

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は2020-21シーズン、スペイン1部リーグのビジャレアルCFに1年間の期限付き移籍することで「合意に至った」と、これまでスペイン主要メディアの『アス』『マルカ』が揃って報じてきた。すると8月9日、『アス』は「月曜日(10日)か火曜日(11日)にも合流する」と伝えた。

 記事では「公式には発表されていないものの、久保は今シーズン、ビジャレアルでプレーすることが決まった」と断言。数時間後にも正式発表が行われるかもしれないという。

 久保は10日か11日にもビジャレアルに合流。メディカルチェックを経て、正式にレンタルでの加入が決定する。ウナイ・エメリ新監督はチーム始動からの合流を希望しているとのことで、近日中の発表は間違いないという。契約内容は、ビジャレアルが250万ユーロ(約3億1000万円)を支払う1年間のローン、買取オプションなしでまとまったということだ。

 クラブは当初、久保と同じくレアル・マドリードからCDレガネスにレンタル移籍されている22歳のスペイン人アタッカー、オスカル・ロドリゲスの獲得を目指していた。しかし、就任したエメリ監督の意向によって状況が一変し、久保獲得のプロジェクトが発動されたそうだ。

 ビジャレアルからは今季限りで、昨季32試合・11得点を決めた35歳の元スペイン代表MFサンティ・カソルラがカタールのアル・サッドに移籍した。19歳の久保には彼に代わる、新たなチームの活力として期待が寄せられている。

 ビジャ・レアルは今季リーグ18勝6分14敗(63得点・49失点)の勝点60で5位に入り、新シーズンのヨーロッパリーグ(EL)の出場権を得ている。

注目記事:ヴィニシウスより久保建英をジダン監督は欲している?レアル・マドリードにパリSGから再三に渡り獲得打診

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Takefusa Kubo’s of Real Madrid transfer to Villarreal will be announced soon.

Ads

Ads