ビジャレアル久保建英が加入記者会見「自分色に染めていく」「そこは内緒で」

ビジャレアルでの加入記者会見を行った久保建英。 (C)Villarreal CF TV

スペイン語と日本語で、決意を示す。「攻撃面でも、より磨きをかけてチームに貢献していきたい」

 レアル・マドリードからビジャレアルCFへの期限付き移籍が決まった日本代表MF久保建英が8月11日、ホームスタジアムのエスタディオ・デ・ラ・セラミカで記者会見を行い、新天地での決意をスペイン語と日本語で語った。ユーチューブのビジャレアル公式チャンネル(Villarreal CF TV)でその模様が公開された。

 19歳のレフティは昨季のRCDマジョルカに続いてのレンタル移籍に。チームの黄色いマスクと黒のポロシャツ姿で会見場に表われた久保は、まずスペインメディア、続いて日本メディアの質問に応じた。

 日本語での一問一答は次の通り。

――ウナイ・エメリ監督とはどのような会話を交わしたか?

「例えば昨日会った時はチームのことについて話しましたが、まだ監督も来て日が浅いので、お互いに知っていこうというフレンドリーな雰囲気で話せました。監督のみならず、今日は選手とも話せて、思ったよりも早く馴染めるかなと思います。(どのような話を?)そこは内緒で(笑)」

――ビジャレアルのカラー、印象について。

「まだ練習着を一回しか着ていませんが、これから自分の色に染めていきたいと思います。上を目指しているチーム。あまり大きいことは言いたくありませんが、できるだけ上の順位でフィニッシュし、なおかつヨーロッパリーグでもしっかり結果を残したいです」

――当面の目標は?

「まず試合に出ることが一番。キャンプなどでしっかり自分の特長を出して、試合に絡んでいくことが大切だと思います」

――マジョルカでの1年について。

「経験が一番大きく、スペインの一部に慣れたことは大きなアドバンテージになるかなと思います」

――新天地での抱負。

「かなりのビッグクラブでのプレーになりますが、そこで能力の高い選手と競いながら、たくさんのものが得られると思うので、また一回り、昨シーズンとは違ったところでも成長できれば。例えば攻撃面でも、より磨きをかけてチームに貢献していけたらと思います」

 ビジャ・レアルは2019-20シーズン、リーグ18勝6分14敗(63得点・49失点)の勝点60で5位に入り、新シーズンのヨーロッパリーグ(EL)の出場権を得ている。

 久保は2001年6月4日生まれ、神奈川県川崎市出身、19歳。173センチ・67キロ。川崎フロンターレU-10 ― FCバルセロナ・カンテラ ― FC東京U-15 ― FC東京U-18 ― FC東京 ― 横浜F・マリノス(ローン)― FC東京 ―レアル・マドリード ―RCDマジョルカ(ローン) ―ビジャレアルCF(ローン)。昨季はマジョルカで、スペイン1部35試合・4得点・5アシストを記録した。

注目記事:日本人選手初、久保建英が19歳で年俸「3億円」到達。ちなみにメッシは…

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Takefusa KUBO talks about his decision at Villarreal’s press conference.

Ads

Ads