【湘南】クラウドファンディング開始、目標5000万円「苦しい経営状況」

湘南ベルマーレのイレブン。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

新型コロナウイルスの影響により経営面で大打撃。困難を乗り越えるために協力を呼び掛ける。

 湘南ベルマーレは8月30日、クラブ初の取り組みとして、新型コロナウイルス対策のためのチーム運営費およびクラブ運営費補填を目的とした「クラウドファンディング」を開始した。目標金額は5000万円、期間は10月16日23時まで。

 スローガンは「ONEBELLMARE 未来の“たのしめてるか。”のために」。

 サイトはhttps://readyfor.jp/projects/OneBellmare2020 

 目標金額達成の有無に関わらず、集まった寄付金を受け取ることができる形式。寄附控除の対象も変わらない。資金使途は、チーム強化費、クラブ運営費及び新型コロナウイルス対策費用。また、クラウドファンディングサイトでの支援が難しい方は、クラブへの銀行振込、スタジアム申込み、事務所申込みも用意している。 

▼実施背景

 新型コロナウィルスの影響を受け、J リーグの一時中断など、日本サッカー界は打撃を受けております。私たち湘南ベルマーレも、湘南としては初となる3シーズン連続でのJ1の舞台で、新チームは湘南スタイルをさらに前進させるべく戦おうとしていた矢先、新型コロナウィルスによる大打撃を受けました。現時点で今期は大きな赤字見通しという、苦しい経営状況に陥っております。 

 地域、サポーター、パートナーの皆様とともに歩んできたベルマーレの歴史の中で、このような事態は初めてのことです。コロナ禍で地域が落ち込む中、いま我々にできることはなにかを考え、“こんなときこそたのしめてるか。”をスローガンに27の取り組みを行って参りましたが、その活動中、「クラブの経営も大変なのではないか?」「いつも楽しませてもらってるのだから、こういうときこそ力になりたい」「本当はクラブにこそ寄附したい」「再開してもスタジアムに行くことができないので、なにか支援できる方法はないか」など、クラブを取り巻くたくさんの方々から心強い声をかけていただきました。 

 クラブ創立52年、湘南ベルマーレ誕生から20周年。これまでも、1999 年のクラブ存続危機をはじめ、長かったJ2での戦い、J2降格など様々な困難を支援してくださる皆様と共に乗り越えてきました。次の20年に向けて、湘南スタイルをさらに前進させ、J1定着、ACL出場を達成するために。そして、地域の皆様にとって「ベルマーレがあってよかった」と心底思っていただけるようなクラブへと成長するために。今回、クラブ初の取り組みとして、クラウドファンディングを立ち上げるに至りました。 

眞壁 潔会長、水谷尚人社長よりあいさつ 

 常日頃よりクラブの活動に大きなご支援、ご声援をいただき、改めて御礼申し上げます。今年、“ベルマーレ平塚”から “湘南ベルマーレ”へと生まれ変わり20周年を迎えています。 1999年のクラブ存続の危機から、ファン・サポータ ー・パートナーの皆様に支えられ、そして皆様と選手・スタッフ、クラブに関わる全ての皆様と共に歩んでまいりました。 この20年間、山あり谷ありを経験し、その都度思うのは、谷は山へ向かうためにあり、ジャンプする時にしゃがんで いるような状況なのではないかと感じています。しゃがんでいる時は厳しく苦しいものですが、どんな時も皆様と一緒 に歩むことができたからこそ、しゃがんでいる時も耐えることができ、その後のジャンプに繋げることができたのだと 思います。

 昨年の最終節の後に、2020シーズンは真価を問われるシーズンになるとお話をさせていただきましたが、更なる変化を目指し前進している中、新型コロナウイルスに襲われました。J リーグと共に、安全安心な観戦環境を作ろうと、現在は制限付き試合となっております。もちろん、安全安心を保たなくてはならないのですが、その反面経営的には大変厳しい、まさに谷にいるような状況であります。 いつも皆様に、「何か恩返しをしたい」とクラブ一同思っているところではありますが、この状況下において、クラウド ファンディングという形でご支援のお願いをさせていただきます。今の谷から山へ、高みへ向かい皆様と一体となって燃える集団になって進んでいくための活力にさせていただきたい、そのように考えております。 このピンチをチャンスに変え、J1 の舞台で闘い続けるために、皆様のご支援をよろしくお願いします。 

 ONE BELLMARE 未来の“たのしめてるか。”のために。 

株式会社湘南ベルマーレ
代表取締役会長 眞壁 潔
代表取締役社長 水谷 尚人 

 詳細は上記ホームページより。マスク、バッグ、歴代OB選手と試合、選手からのメッセージ動画など、さまざまな返礼品が用意されている。

注目記事:夏の移籍期間終了。Jリーグ復帰、武藤嘉紀、中島翔哉なし。柴崎岳どうなる!?長友佑都はまだ可能性あり?

[文:サカノワ編集グループ] 

Ads

Ads