初の日本代表カップル誕生!川淵三郎氏が「何故か思わず笑ってしまった」、本並健治&丸山桂里奈さん結婚祝福

2011年のドイツ女子W杯優勝を果たした日本女子代表(なでしこジャパン)での丸山桂里奈さん(18番)。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

スぺランツァFC大阪高槻で、監督と選手。現在は同じ芸能事務所に所属。

 ガンバ大阪などで活躍した元日本代表GKの本並健治さんと元なでしこジャパン(日本女子代表)FWの丸山桂里奈さんが9月4日に入籍したと発表した。この吉報を受けて、多くの関係者が祝福のメッセージを発信。元日本サッカー協会会長で、現・日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎さんもSNSのツイッターで、喜びのコメントを送った。

 二人は2012年から、なでしこリーグのスぺランツァFC大阪高槻で、監督と選手の関係だった。その後、退団(丸山さんは引退)した二人は芸能事務所ホリプロに所属し、サッカー普及の活動などを通じて意気投合。この日を迎えたという。

 世界一に輝いた2011年のドイツ女子ワールドカップの準々決勝のドイツ代表戦で決勝点を決めている丸山さんは、ツイッター(アカウントは @marukarichan11)で、「このたび、私丸山桂里奈と本並健治は9月4日に入籍をし、本日9月5日さいたまスーパーアリーナのTGCマイナビウエディングSTAGEで結婚を発表させていただきました。これからも日々精進します。ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。 2020年9月5日 本並健治 丸山桂里奈」と報告した。

 そして川淵さんは次のように、ツイッター(アカウントは @jtl_President)で祝福メッセージを送った。

「本並健治さん、丸山桂里奈さん!! 結婚おめでとう。この結婚話を聞いた時微笑ましい感じがして何故か思わず笑ってしまった。本並は独身だったんだ!サッカー元日本代表選手同士の結婚と言うのも初めてかな!?何か嬉しい気分だね!!」

 確かに日本代表のカップル誕生は“史上初めて”。サッカー界にとっても、衝撃的かつビッグであり今後が楽しみな日本代表コンビの誕生となった。

注目記事:ポルト監督が“中島翔哉問題”の真相激白「ナカジマは技術的にそそられるが、サッカーは…」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads