【ACL】まさかの西地区、カタールで準決勝まで集中開催決定!FC東京、神戸、横浜FM参戦

2017シーズンのACLを制した浦和レッズ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

開催時間、会場は未定だが、大枠がついに固まる。決勝の相手はペルセポリス!

 日本サッカー協会は10月9日、AFCアジアチャンピオンズリーグの東地区のグループステージ2節から準決勝までの試合がカタール・ドーハにて、セントラル方式で開催されることが決まったと発表した。新型コロナウイルスの影響を受けた異例の措置ではあるが、東地区の試合が、西地区で開催されることとなった。

 Jリーグ組のFC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスが参戦する。時差6時間があり、選手はコンディション面での配慮も求められる。ただ2020年のワールドカップ開催を控えることもあり、ドーハは近距離に最新のスタジアムが集結しているなど、アクセスやインフラ面ではプラスの面も挙げられる。

 更新されたマッチスケジュールを次の通り。

◆AFCアジアチャンピオンズリーグ2020
グループステージマッチスケジュール
(日本クラブのみ)
※2020年10月9日更新

【グループF】
蔚山現代(韓国)、上海申花(中国)、パース・グローリー(オーストラリア)、FC東京(日本)
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

11 月 24 日(火) 
FC東京 対 上海申花

11 月 27 日(金) 
上海申花 対 FC東京

11 月 30 日(月) 
FC東京 対 蔚山現代

12 月 3 日(木) 
パース・グローリー 対 FC東京

【グループG】
ヴィッセル神戸(日本)、水原三星ブルーウィングス(韓国)、広州恒大(中国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

11 月 25 日(水) 
広州恒大 対 ヴィッセル神戸

11 月 28 日(土) 
ヴィッセル神戸 対 広州恒大

12 月 1 日(火) 
ジョホール・ダルル・タクジム 対 ヴィッセル神戸

12 月 4 日(金) 
ヴィッセル神戸 対 水原三星ブルーウィングス

【グループH】
シドニーFC(オーストラリア)、横浜F・マリノス(日本)、全北現代モータース(韓国)、上海上港(中国)  
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

11 月 25 日(水)  
上海上港 対 横浜F・マリノス

11 月 28 日(土)  
横浜F・マリノス 対 上海上港

12 月 1 日(火) 
横浜F・マリノス 対 全北現代モータース

12 月4日(金) 
シドニーFC 対 横浜F・マリノス

【ラウンド 16】(東地区のみ)
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

12 月 6 日(日)  
グループ E1 位 対 グループ F2 位

グループ F1 位 対 グループ E2 位

12 月 7 日(月)  
グループ G1 位 対 グループ H2 位

グループ H1 位 対 グループ G2 位

【準々決勝】(東地区のみ)
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

12 月 10 日(木) 
R16 勝者 1 対 R16 勝者 2

R16 勝者 3 対 R16 勝者 4

【準決勝】(東地区のみ)
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

12 月 13 日(日)  
準々決勝勝者 1 対 準々決勝勝者 2

【決勝】
※開催地:カタール(会場未定)、時間:未定

12 月 19 日(土) 
ペルセポリス(イラン) 対 東地区勝者 西地区

注目記事:カメルーン戦、日本代表「最新序列」。トップ下2番手は鎌田?三好?国内組が狙えるポジションも浮かび上がる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads