×
×

東京五輪代表候補の札幌MF菅大輝が新型コロナ陽性、濃厚接触3人は陰性。知人男性からの連絡を受けて検査

菅大輝。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

30日にトップチーム全関係者がPCR検査。31日にはアウェーのG大阪戦が組まれる。

 J1リーグの北海道コンサドーレ札幌は10月29日夜、トップチームの東京オリンピック日本代表(U-23日本代表)候補のMF菅大輝が新型コロナウイルス感染症の「陽性」反応が出たと発表した。

 29日朝、菅の知人男性が新型コロナウイルス感染症の陽性判定になったことを受けて、濃厚接触に当たる可能性があると菅本人からクラブに報告があった。

 これを受けてクラブで管理する行動履歴から、菅と濃厚接触にあたると思われる選手・スタッフを含めた計4人が同日夕方、自主的にPCR検査を受けた。

 そして同20時30分、菅のみが陽性と判定された。菅と知人男性はその時点では、無症状ということだ。

 札幌はアウェー連戦を控えるなか、30日にトップチームの全関係者のPCR検査を実施する。引き続きJリーグ、相手クラブと協議しながら試合開催に向けた体制を取って行く。

 クラブは「本件に関しましては、現状での情報開示であり、30日以降の検査結果など、情報は随時、報告いたしますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお夜間のため、保健所との連絡が万全に取れていないなかでのクラブ判断での情報開示となります。30日以降、保健所との情報交換、連携を進めて参ります」と報告している。

 札幌は10月31日19時から、アウェーのパナソニックスタジアム吹田でガンバ大阪と対戦する。菅はこれまでチーム内リーグ最多タイ24試合に出場。出場時間2074分はチーム内1位だった。

注目記事:スタジアムの熱を取り戻すための試行錯誤。正解はないが…ドイツは「声援」、Jリーグは「お酒」を優先して

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads