【柏】70歳ネルシーニョ監督が新型コロナ陽性、一時高熱から平熱に戻る

柏のネルシーニョ監督。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

スタッフ1人も陽性、平熱に戻る。

 J1リーグの柏レイソルは11月3日、ネルシーニョ監督(70歳)とトップチームスタッフ1人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。前日にはトップの選手1人の感染も確認されていた。

 ネルシーニョ監督の経過、症状は次の通り。

10/30(金)
チーム活動参加(体温 36.4℃)
10/31(土)
チーム活動参加(体温 36.4℃)
11/1(日)
チーム活動参加(体温 36.6℃)
午後に発熱(37.5℃)、PCR検査を実施
11/2(月)
チーム活動欠席(体温 38.4℃)
PCR検査の結果、再検査となる
11/3(火・祝)
チーム活動欠席(体温 36.6℃)
PCR検査の陽性判定

 3日時点では平熱で、落ち着いているとのこと。症状に悪化もなく、自宅で静養している。3日夜からは大事を取って千葉県内の病院に入院する予定だ。

 もう一人のスタッフの経過、症状は次の通り。

10/31(土)
チーム活動参加(体温 36.4℃)
11/1(日)
チーム活動参加(体温 36.7℃) 夜に咳、喉の痛みなどの症状がみられる
11/2(月)
チーム活動欠席(体温 38.6℃)
PCR検査を実施
11/3(火・祝)
チーム活動欠席(体温 36.7℃)
PCR検査の陽性判定

 3日時点では平熱で、咳やのどの痛みなども治まり、自宅で静養している。4日からは千葉県内のホテルで10日間程度の自主隔離を行う予定。新型コロナウイルス陽性判定が判明した選手のクラブ内の濃厚接触者として、保健所より選手1人、スタッフ3人が判定した。

 また、ネルシーニョ監督の濃厚接触者はまだ保健所の判断を待っている状況。濃厚接触者として疑われるスタッフ2人は現在隔離を行っている。そのうちのスタッフ1人は2日にPCR検査を実施、すでに陰性判定が出ている。

 仙台に移動していたチームは3日にバスで柏に移動している。柏に到着後、早急にクラブフロントスタッフ含めPCR検査を実施する。この検査の結果は、4日の午後に出る予定。

 11月3日(火・祝)に開催予定だったJ1リーグ26節のベガルタ仙台対柏戦(13:00/ユアテックスタジアム仙台)は中止が決定。代替日は未定である。

 11月7日(土)開催のルヴァンカップ決勝FC東京戦(13:05/国立競技場)は、試合開催に向けて準備を進める。専門家チームの指導のもと、選手・スタッフに対して複数回のPCR検査を実施する予定だ。

注目記事:【大分】浦和戦の騒動で謝罪と困惑「ホームとアウェーのサポーターが応援の凌ぎを削る場。しかし双方がルールを守る姿勢が快適なスタジアム空間をつくる基本では」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads