×

【日本代表】ロックダウンなのに大丈夫?「欧州はサッカーをビジネスと捉えている」反町技術委員長。代表戦中止は再開後なし

コートジボワール戦に臨んだ日本代表のイレブン。写真:日本サッカー協会/(C)JFA

FIFAランキング11位のメキシコ代表との対戦に森保監督は「最高の相手」。

 日本サッカー協会は11月5日、オーストリアで活動する11月シリーズに臨む日本代表(SAMURAI BLUE)のメンバーを発表した。前回10月の招集メンバーがほぼ踏襲され、その際に招集できなかった橋本拳人、浅野拓磨が復帰を果たしている。前回ケガで招集辞退した長友佑都も復帰している。

 オンラインによる記者会見を行った森保一監督はFIFAランキング11位のメキシコ代表との対戦について、次のように期待を込めた。

「最高の相手だと思います。少しでも強い相手との対戦を希望してきたなか、トップ・オブ・トップであり、ワールドカップ(W杯)でも常に決勝トーナメントに上がれるチームと戦えるのは、力を試しよりレベルアップするためにも最高のいい相手だと思います。メキシコの印象は、個々の技術レベル、チームとしての戦いや戦術においても非常にレベルが高く、かつクレバーに戦いながら勝利を目指すチームだと感じています」

 また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オーストリアは11月3日からロックダウンが発令されている。ビジネス以外での宿泊が禁止され、外食や夜間外出が厳しく制限されている。そのさなかで大丈夫か? 

 反町康治技術委員長は次のように説明した。

「基本的に現在、ヨーロッパはネーションズリーグが行われています(編集グループ注:今回の11月シリーズではEURO予選も実施)。これまで一つも中止されるとは聞いていません。また、ネーションズリーグの前に29試合の親善試合が組まれていますが、こちらも中止になっていません。オーストリアを含めヨーロッパはやはり、サッカーをビジネスとしてしっかり捉えています。そういうことを(日本も)評価していただいたなか準備をして、健康と安全を最優先に活動していきたいと思っています」

 折衝にはさまざまな困難が伴った一方、反町技術委員長はそのように国全体でのサッカーに対する理解や造詣の深さを、前回のオランダ、そして今回のオーストリアからも感じ取っていた。新型コロナウイルスによる中断明けにサッカー界が動き出してからは、これまで代表戦が中止になってはいない。

 今回はオーストリアのグラーツで、現地11月13日(日本時間23時15分開始)にパナマ代表、現地17日(日本時間18日5時開始)にメキシコ代表と対戦する。

 久保建英、南野拓実、冨安健洋ら日本代表メンバー24人は次の通り。

【スタッフ】
監 督
森保 一
MORIYASU Hajime

コーチ
横内 昭展
YOKOUCHI Akinobu 

コーチ
齊藤 俊秀
SAITO Toshihide

フィジカルコーチ
松本 良一
MATSUMOTO Ryoichi

GKコーチ
下田 崇
SHIMODA Takashi

【選 手】
ポジション
名前
欧文
チーム
国際Aマッチ出場・得点(GK失点数)

GK
川島 永嗣
KAWASHIMA Eiji
RCストラスブール(FRA)
91 -97

権田 修一
GONDA Shuichi
ポルティモネンセSC(POR)
17 -9

シュミット・ダニエル
SCHMIDT Daniel
シントトロイデンVV(BEL)
6 -2

DF
長友 佑都
NAGATOMO Yuto
オリンピック・マルセイユ(FRA)
122 4

吉田 麻也
YOSHIDA Maya
サンプドリア(ITA)
102 11

酒井 宏樹
SAKAI Hiroki
オリンピック・マルセイユ(FRA)
62 1

室屋 成
MUROYA Sei
ハノーファー96(GER)
11 0

植田 直通
UEDA Naomichi
セルクル・ブルージュKSV(BEL)
12 1 

板倉 滉
ITAKURA Kou
FCフローニンゲン(NED)
2 0

冨安 健洋
TOMIYASU Takehiro
ボローニャFC(ITA)
20 1

菅原 由勢
SUGAWARA Yukinari
AZアルクマール(NED)
1 0

MF
原口 元気
HARAGUCHI Genki
ハノーファー96(GER)
55 11

柴崎 岳
SHIBASAKI Gaku
CDレガネス(ESP)
47 3

遠藤 航
ENDO Wataru
VfBシュツットガルト (GER)
23 1

伊東 純也
ITO Junya
KRCヘンク(BEL)
19 2

橋本 拳人
Kento HASHIMOTO
7 0

南野 拓実
MINAMINO Takumi
リバプールFC(ENG)
24 11

鎌田 大地
KAMADA Daichi
アイントラハト・フランクフルト(GER)
6 1

中山 雄太
NAKAYAMA Yuta
PECズヴォレ(NED)
3 0

三好 康児
MIYOSHI Koji
ロイヤル・アントワープFC(BEL)
3 2

堂安 律
DOAN Ritsu
アルミニア・ビーレフェルト(GER)
20 3

久保 建英
KUBO Takefusa
ビジャレアルCF(ESP)
9 0

FW
鈴木 武蔵
SUZUKI Musashi
KベールスホットAC(BEL)
7 1

浅野 拓磨
Takuma ASANO
20 4

注目記事:【日本代表】ブレーメンが大迫勇也の招集を拒否!ドイツ国外の派遣は全て応じず

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads