×
×

【浦和】関根貴大がバイクと接触事故、「私の不注意」相手に全治14日のケガ

浦和の関根貴大。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

17日夕方、運転する乗用車と東京都内渋谷区の路上で。クラブは厳重注意。

 J1リーグの浦和レッズは11月18日、17日夕方にMF関根貴大の運転する普通乗用車(同乗者なし)が東京都渋谷区内を走行中にバイクと接触事故を起こしたと発表した。 接触したバイクを運転していた男性は救急車で病院へ搬送され、頸椎・腰椎の捻挫で全治14日と診断された。関根にケガはなかった。

 クラブは「今回の件につきまして、関係の皆さまには多大なるご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。浦和レッズとしては、関根に対して厳重注意を行うとともに、再発防止に向けて全選手、関係者に交通安全への取り組みを徹底してまいります」とコメントしている。

 事故が起きたのは、2020年11月17日17時13分、東京都渋谷区広尾一丁目付近。複数車線の道路を直進中、約30メートル先の交差点を左折しようとウインカーを出し、車線変更のためハンドルを左に切ったところ、左後方から走ってきたバイクと関根の運転していた乗用車の左後方が接触して、バイクが転倒した。

 事故の発生後、関根は速やかに警察などの関係各所に連絡をして対応している。また転倒したバイクに乗車していた男性は、救急車で病院に搬送されている。

 関根はクラブを通じて、次のようにコメントしている。

「このたび、私の不注意で接触事故を起こしてしまいました。運転をされていた方には心よりお詫び申し上げます。ファン・サポーターの皆さまをはじめ、応援していただいている方にご心配、ご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。今後運転をする際は、より細心の注意を払ってまいります」

 チームは18日にヴィッセル神戸とアウェーのノエビアスタジアム神戸で対戦し、1-0の勝利を収めた。関根はメンバー外だった。

注目記事:【浦和】マルティノスが決勝ボレー!「全ていい流れから決められた」。イニエスタの神戸5連敗でACLへ

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads