×

【浦和】マルティノスが今季で退団「皆さんのお陰で、諦めない姿勢を貫き通せた」。スプリント数リーグ5位を記録

浦和のマルティノス。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

今シーズン21試合・4ゴールを記録。

 J1リーグの浦和レッズは11月30日、キュラソー代表MFマルティノス(QUENTIN GEORDIE FELIX MARTINUS)が契約満了に伴い2020シーズンをもって退団すると発表した。

 マルティノスは1991年3月7日生まれ、キュラソー出身、29歳。183センチ・70キロ。これまでのキャリアは、ヘーレンフェーン(オランダ) ― スパルタ・ロッテルダム(オランダ) ― フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ― エメン(オランダ) ― ボトシャニ(ルーマニア) ― 横浜F・マリノス ― 浦和レッズ(2018年~)。

 今シーズンはJ1リーグ21試合・4ゴール、浦和ではJ1通算48試合・5ゴールを記録。また、今季27節の横浜F・マリノス戦(●2-6)で記録したスプリント数39回は、1試合のチーム最多で、現在リーグ5位となっている。

 これまでU-16・U-17・U-18オランダ代表、キュラソー代表を経験している。

 マルティノスは次のようにコメントしている。

「この3年間は、私の人生で最も困難な年月で、多くのことが起こりました。しかし、私は自分自身を信じ続けていました。そして、最近は試合にも出場しています。

 信念を持ち続けた理由は、ファン・サポーターの皆さんにいいゲームを見せて喜んでもらい、ゴールを届け、闘う闘志を、私の決して諦めない姿勢を見てもらうためでした。

 それらを私が貫き通せた最大の理由は、浦和レッズのファン・サポーターの皆さんの存在です。皆さんはいつも私を支えてくれました。だからこそ、ファン・サポーターの皆さんのために諦めることはできませんでした。

 この3年間の素晴らしいサポートに感謝します。

 皆さんのことは決して忘れません」

注目記事:極悪タックルの中国人DFに「キラーキング」の異名。「全く反省していない」と過去二度の暴挙に香港紙言及。ACL上海申花対FC東京、ディエゴ負傷の波紋広がる

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads