×

【千葉】トップチームの選手2人が新型コロナ陽性。練習後の夕方に40度の高熱

(C)SAKANOWA

1人の陽性確認を受けて、12月1日に全員検査。濃厚接触者を特定中、2日の東京V戦開催はJリーグと協議。

 J2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉は12月1日、トップチームの選手2人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。

 クラブによると、11月30日、トップチームの選手1人が練習後の夕方に40度の高熱を発し、新型コロナウイルス感染症の検査を受けたところ陽性反応が確認された。それを受けて、翌12月1日、トップチームの全選手とスタッフにPCR検査を実施し、別の選手1人の陽性反応が認められた。

 それぞれの選手の状況は次の通り。

■トップチーム選手A 
11月27日(金)
朝36.8度、チーム活動参加

11月28日(土)
朝36.9度、チーム活動参加

11月29日(日)
朝36.5度、チーム活動参加

11月30日(月)
朝36.6度、チーム活動参加
夕方40.0度、PCR検査を受検し、陽性反応確認

12月1日(火)
朝37.5度、自宅で自主隔離中

■トップチーム選手B
11月27日(金)
朝36.7度、チーム活動参加

11月28日(土)
朝36度、チーム活動参加

11月29日(日)
朝36度、チーム活動参加

11月30日(月)
朝36.1度、チーム活動参加

12月1日(火)
朝36.2度、PCR検査を受検し、陽性反応確認

 クラブによると、12月1日17時現在、その他のトップチーム関係者、クラブスタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状などを呈している者はいない。また、トレーニング施設であるユナイテッドパークの消毒作業は終了し、今後、保健所の指導のもと濃厚接触者の特定を行う。

 12月2日に開催予定のJ2・38節のアウェーでの東京ヴェルディ戦(19時、味の素スタジアム)開催については、Jリーグ規約などに則り、決まり次第発表する。

◎森本航社長のコメント
「このたび当クラブの選手2名から新型コロナウイルスのPCR検査の陽性反応が検出されました。 現在は保健所の指導により今回の陽性反応の選手の行動記録を確認して濃厚接触者の特定を行なっております。

 今後の試合に関してはその結果を鑑みてJリーグと相談してまいります。試合を楽しみにしていただいているファン、サポーターの皆様、また試合の準備を進めていただいている東京ヴェルディの皆様へ心配をおかけしましたこと申し訳ございません。

 日頃よりJリーグのプロトコルに従い感染拡大防止に努めて参りましたが新型コロナウイルスとの戦いはまだまだ続きます。しかし私たちは決して諦めず今後もさらに徹底してあらゆる対策に取り組み全てのファン、サポーター、地域の皆様、選手、スタッフが安心できるような環境の整備を進めてまいります。

 また新型コロナウイルスに感染した選手についても一日も早く回復して元気な姿で復帰できるようサポートしてまいります。引き続き皆様からの温かい応援をお願いいたします」

注目記事:極悪タックルの中国人DFに「キラーキング」の異名。「全く反省していない」と過去二度の暴挙に香港紙言及。ACL上海申花対FC東京、ディエゴ・オリヴェイラ負傷の波紋広がる

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads