×
×

【浦和】柏木陽介がヒザ関節遊離体除去の手術で全治約2週間

浦和の柏木陽介。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

今季これまでJ1リーグ9試合出場。

 J1リーグの浦和レッズは12月5日、MF柏木陽介が右ヒザ関節遊離体を除去するため、12月1日に手術を行ったと発表した。全治まで約2週間の見込みということだ。

 柏木は1987年12月15日生まれ、兵庫県出身、32歳。176センチ・73キロ。これまでのキャリアは、御津小 ― 御津中 ― サンフレッチェ広島ユース ― 広島 ― 浦和。浦和では11シーズン目を迎える背番号「10」は、今季J1リーグ9試合(643分)・0得点の出場に止まっていた。

 10月10日のサガン鳥栖戦(〇1-0)で先発出場して89分までプレーすると、2試合ベンチ入りしたあと、メンバー外が続いていた。

 日本代表では国際Aマッチ通算11試合・0得点を記録している。

注目記事:【コラム】なるほど、浦和レッズにつながる。元徳島ヴォルティスの小林伸二監督( ギラヴァンツ北九州 )がリカルド・ロドリゲス戦術を紐解く

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads