【鳥栖】怒涛のIN&OUT!原輝綺、森下龍矢が移籍、大分の島川俊郎、大宮退団の酒井宣福を獲得

トピックス・ニュース, 移籍情報

サガン鳥栖

サカノワスタッフ

原輝綺。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

育成で勝負――挑戦のシーズンに。

 J1リーグのサガン鳥栖は12月30日まで連日、数多くの選手の移籍、退団、加入を発表した。東京オリンピック代表候補の原輝綺が清水エスパルス、明治大から加入1年目ながらブレイクした森下龍矢が名古屋グランパスに完全移籍。一方、大宮アルディージャを退団した酒井宣福、大分トリニータの島川俊郎を獲得している。

 さらにはチームを支えてきたアン・ヨンウ、チョ・ドンゴンが契約満了で退団することも決定した。

 改めて鳥栖の「IN & OUT」を整理しよう。

◆OUT◆
原輝綺/DF → 清水 完全
森下龍矢/DF → 名古屋 完全
小林祐三/DF → 引退(Criacao Shinjukuに移籍)
岩下敬輔/DF → 引退
高橋秀人/MF → 横浜FC 完全
原川 力/MF → C大阪 完全
アン・ヨンウ/FW → 契約満了
チョ・ドンゴン/FW → 契約満了

◆IN◆
酒井宣福/DF ← 大宮 完全
松本大輔/DF ← 中央大 新人
今掛 航貴/DF ← 中央大 新人

島川俊郎/MF ← 大分 完全
相良竜之介/MF ← 鳥栖U-18 昇格
山下敬大/FW ← 千葉 完全
兒玉澪王斗/FW ← 鳥栖U-18 昇格

注目記事:【J1リーグ全クラブ監督人事一覧】仙台に手倉森誠氏が復帰。20チーム中15チームが続投

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads