【横浜FM】エウベルを獲得「たくさんの喜びを届ける」。ブラジル1部191試合21得点の実績

横浜F・マリノスのサポーターと歓喜!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「多くのタイトルを手にできるよう、クラブのために常に全力を尽くすことを約束します!」

 J1リーグの横浜F・マリノスは1月4日、ブラジル人FWエウベル(José Élber Pimentel da Silva [Élber])の完全移籍での加入が内定したと発表した。メディカルチェックを経て正式契約となる。

 エウベル1992年5月27日生まれ、ブラジル出身、28歳。170センチ・70キロ。これまでのキャリアは、クルゼイロEC、クリチーバFC、スポルチ・レシフェ、バイーア。ブラジル1部(セリエA)通算191試合・21得点・18アシストという実績を誇る。2020シーズンはブラジル1部22試合・3得点・3アシスト、公式戦通算36試合6得点・4アシスト(『トランスファーマーケット』より)。

 エウベルは次のようにコメントしている。

「サッカー人生における新たなチャレンジをこのクラブでできることをとても嬉しく思い、また、高いモチベーションとともにやってきました。

 新たな国でプレーするチャンスをくれた横浜F・マリノスに大変感謝しています。新しいクラブのことを早く知り、新しいチームメイトに会って一緒にトレーニングをするのがとても楽しみです。

 多くのタイトルを手にできるよう、クラブのために常に全力を尽くすことを約束します!

 ファン・サポーターの皆さんへ

 たくさんの喜びを届けられるように頑張りますので、 応援をよろしくお願いします」

注目記事:【清水】ブラジル人の本格派左SBウィリアム・マテウスを獲得「チャンピオンになりたい」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads