×

J2金沢の選手1人がPCR陽性反応、「2021出陣式」は中止に

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOIKUHARA

群馬でも選手1人が陽性反応。

 J2リーグのツエーゲン金沢は1月8日、トップチームの選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定が出たことに伴い、11日に予定していた「2021出陣式」を中止すると発表した。クラブは「楽しみにしていただいた方には大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします」と理解を求めている。

 チケットの払い戻しについては改めて発表され、「発券済みのチケットは破棄せずにお手元に保管いただきますようお願いいたします。 ※破棄した場合払い戻し手続きが実施できない場合がございます」と呼び掛けている。

 また、オーセンティックユニフォームの対面受付についても改めて連絡が行われる。WEBでの2次予約受付については予定通り1月13日10時に開始するということだ。

 石川県では1月7日に25人の新規感染者が報告されていた。

▼ユニフォーム情報
http://www.zweigen-kanazawa.jp/event/2021_uniform.html

 また、ザスパクサツ群馬も1月8日、所属選手1人が7日に発熱し、8日に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受検したところ、陽性判定が出たと報告している。

注目記事:中島翔哉がアル・アイン移籍で合意か!51億円の買取オプション、塩谷司と同僚に。ポルトガル紙が報じる

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads