×
×

中島翔哉がアル・アイン移籍で合意か!51億円の買取オプション、塩谷司と同僚に。ポルトガル紙が報じる

中島翔哉がアル・アインに移籍か!?写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

今シーズン終了までのレンタル。

 ポルトガルメディア『レコード』は1月7日、FCポルトの中島翔哉がアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビをホームタウンとするアル・アインFCに期限付き移籍することで合意に至ったと報じた。クラブからの正式発表はまだだが、確定的な情報として伝えている。

 記事によると、レンタル期間は今シーズンの終了まで。両クラブ間で4000万ユーロ(約51億円)の買い取りオプション(コールオプション)が付くということだ。アル・アインはポルトガルとアンゴラの国籍を持つ、元ポルトのペドロ・エマヌエル監督が率いていて、「ドラゴン(ポルト)との契約は木曜日(7日)に締結された」と決定事項のように報じている。間もなく正式発表はあるのか?

 アル・アインには元日本代表DFの塩谷司が在籍している。現在UAE1部リーグでは、12試合を終えて、5勝5分2敗の勝点20で5位につけている。

 中島は1994年8月23日生まれ、東京都出身、26歳。これまでのプロキャリアは、東京ヴェルディ ― FC東京 ― カターレ富山 ― FC東京 ― ポルティモネンセSC ― アル・デュハイルSC ― ポルト。ポルトガル1部では今季リーグ4試合・1アシストを記録、欧州UEFAチャンピオンズリーグ(CL)4試合に出場している。日本代表19試合・5得点。

注目記事:久保建英とW補強だ!バルサMFアレニャのヘタフェ期限付き移籍も秒読み

[文:サカノワ編集グループ] 

Ads

Ads