緊急事態宣言を受けて鳥栖が『2021新体制発表会』中止を決定

(C)SAKANOWA

各地で相次いで発出、健康・安全を第一に考慮して。

 J1リーグのサガン鳥栖は1月13日、 各地の緊急事態宣言を重く受け止めて、16日に駅前不動産スタジアムで開催予定だった『2021新体制発表会』を中止すると発表した。

 鳥栖U-15、U-18の優勝報告会、クラブ新スローガン発表、そして鳥栖市長をはじめ、選手・スタッフ・監督のあいさつなどが予定されていた。クラブは「ご来場いただく皆様の健康・安全面を第一に考慮した結果、中止することにいたしました。選手・スタッフ一同、日頃応援してくださる皆様にお会いできることを楽しみにしておりましたが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」と、理解を求めている。

 チケットの払い戻し期間は1月15日10時から2月14日まで。詳細はクラブ公式サイトに掲載されている。

注目記事:第2のオルンガ!?鳥栖がケニア人FWドゥンガを獲得?SNSを辿ると“疑惑”も

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads