×

【名古屋】金崎夢生が鳥栖から完全移籍

金崎夢生。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

レンタル期間を終えて契約を切り替え。晴れてグランパスの一員に。

 サガン鳥栖から名古屋グランパスに期限付き移籍していたFW金崎夢生が1月15日、2021シーズンから完全移籍に切り替え、正式に名古屋へ加入することが決まった。名古屋と鳥栖が発表した。

 金崎は昨年3月、2012年以来8年ぶりに名古屋へ復帰。2020シーズンはJ1リーグ25試合・6得点・4アシストを決めていた。J1リーグ通算324試合・70得点。

 しかし11月11日のJ1リーグ・サンフレッチェ広島戦(●0-2)で右ヒザ前十字靱帯損傷および外側半月板損傷で、全治約6から8か月と診断された。現在リハビリに努めている。

 金崎は1989年2月16日生まれ、兵庫県出身、31歳。180センチ・70キロ。これまでのキャリアは、滝川二高 ― 大分トリニータ ― 名古屋グランパス ― 1.FCニュルンベルク(ドイツ) ― ポルティモネンセSC(ポルトガル) ― 鹿島 ― ポルティモネンセ ― 鹿島 ― 鳥栖 ― 名古屋。

注目記事:日本代表DF植田直通がフランス1部ニーム移籍か!地元メディア報じる

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads