×

日本代表DF植田直通がフランス1部ニーム移籍か!地元メディア報じる

植田直通。写真:早草紀子(C)Noriko HAYAKUSA

現在リーグ最下位、失点数ワースト。「実現するかはまだ分からない」と“関心”レベル?

 フランス・ニームのローカルメディア『Objectif Gard』は1月13日、フランス1部ニーム・オリンピックがベルギー1部セルクル・ブルージュ(サークル・ブルッヘ)に所属している日本代表DF植田直通の獲得を検討していると報じた。

 ニーム・オリンピックは現在フランス1部、3勝3分13敗(14得点・40失点)の勝点12で20チーム中最下位に低迷している。失点数はリーグワーストで、守備再建に向けた補強を、この1月の移籍マーケットのテーマに掲げている。そのなかで、日本代表でも存在感を示しつつある、鹿島アントラーズからベルギーに渡って3年目を迎えた26歳の植田がリストアップされたようだ。

 記事では、同メディアの独自情報として、「ニーム・オリンピックはウエダ・ナオミチを獲得しようとしているようだ。26歳のセンターバックに注目している」と報じた。ベルギーリーグでほとんど出場機会を得られずにいながら日本代表で13試合に出場していることに触れていて、「この話が実現するかどうかはまだ分からない」と言及。あくまでも“関心”のレベルであることを示唆している。

 植田は1994年10月24日生まれ、熊本県出身、26歳。186センチ・77キロ。緑川少年スポーツクラブ ― 宇土市立住吉中学 ― 大津高校 ― 鹿島 ― セルクル・ブルージュ。2020-21シーズンはベルギー1部8試合・0得点。日本代表(国際Aマッチ)13試合・1得点。

 昨年10月に行われた日本代表のオランダシリーズ・コートジボワール代表戦、アディショナルタイムに劇的決勝弾を決めたのは記憶に新しい。ファイタータイプのセンターバックが、フランスに渡るのか!? 実現すれば楽しみだ。

注目記事:一転、ポルト中島翔哉がアル・アイン移籍合意か!仲介人、認める

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads