×
×

【浦和】武田英寿が水戸戦2ゴール!2戦3発のアピールに「よりゴール前でプレーできている」

水戸戦で2ゴールを決めた浦和の武田英寿。(C)URAWA REDS

杉本健勇は開始1分弾、明本考浩も決めた!

[練習試合] 浦和 4 (2-2、2-1、0-0) 3 水戸/2020年2月1日/沖縄(会場非公開)
※45分×3本

 浦和レッズが水戸ホーリーホックとのトレーニングマッチで、武田英寿の2ゴール、杉本健勇の開始1分弾、明本考浩の一発で4-3の勝利を収めた。

 45分3本で行われた一戦、クラブが公表した結果によると、1本目の開始1分に杉本がゴール。また30分に武田が決めた。一方、9分と32分に失点を喫した。

 2本目では、19分に失点。その後、21分に武田、46分に明本が決めた。

 3本目は、スコアレスドローに終わった。

 青森山田高校から加入2年目の武田は、先日の沖縄SV戦での1得点に続く2試合3ゴールと好調ぶりをアピール。19歳のアタッカーは試合後にオンラインによる取材に応じて、「一番のアピールである得点ができていて、自分の中でも、いい結果が出てきていると感じています」と手応えを口にした。 

「ボランチに入っても、シャドーに入っても、立ち位置の細かいところを言われています。周りを見ていて、どのタイミングでどのようなパスが出てくるとか、どこに選手がいるのか分かりやすくできています。攻撃の面はすごくやりやすさがあります」

 そのように複数ポジションにトライするなかで、武田は素早い判断を武器に、結果も付いてきている。加えて、そういった思考しながらのプレーにより、自身の幅も広がってきているようだ。

「自分がボランチに入った場合はボールにかかわってゲームを作ること。また、守備のタイプの選手がボランチにいれば、もっとボールに触れてゴール前に行けるので、得点チャンスを作ることを考えて立ち位置を変えています」

 沖縄キャンプは、あと1週間。開幕までは約1か月を切り、武田は「これから先のトレーニングマッチでも結果にこだわり、勝利に貢献できるように、得点も決めて、献身的にやっていきたいと思います」と気を引き締めていた。

「(リカルド・ロドリゲス監督への交代により)サッカーが変わったこともありますが、自分がよりゴール前でプレーできるようになったことで、得点につながっていると思います。2年目になったので、ちょっと落ち着けるようになったと言いますか、少し気持ちが楽になりました」

 少し肩の力を抜き、しかし気力は漲り、武田がまずは開幕のFC東京戦でのメンバー入り、さらにはスタメン奪取に向けて結果にこだわり、一心不乱に突き進む。

浦和の金子大毅。(C)URAWA REDS
クロスを放つ浦和の西大伍。(C)URAWA REDS
浦和の伊藤涼太郎。(C)URAWA REDS
槙野智章も出場。(C)URAWA REDS

注目記事:【浦和】槙野智章とアル・アハリが「交渉開始」。サウジアラビア有力紙が報じる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads