×

【鹿島】荒木遼太郎が松岡大起、本田風智にライバル心。鳥栖戦へ「同い年の彼らには負けたくない」

鳥栖戦、荒木遼太郎のスタメン出場、そして2戦連続ゴールなるか!写真提供:鹿島アントラーズ/(C)KASHIMA ANTLERS

リーグ戦の今季ファーストゴールを決めたが清水に逆転負け。「もう一段階ギアを上げられれば」。若手の登竜門ルヴァンカップ初戦、スタメン出場に意欲!

[ルヴァンカップ GS1節] 鹿島 – 鳥栖/2021年3月3日19:00/カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズが3月3日、ホームのカシマサッカースタジアムでルヴァンカップのグループステージ初戦・サガン鳥栖と対戦する。J1リーグ開幕の清水エスパルス戦は1-3の逆転負けで落としただけに、巻き返しとともに勢いを付けたいところ。若手選手の起用も見込まれるなか、その清水戦で途中出場から先制点を決めた荒木遼太郎が1日、オンラインによる取材に応じてスタメン出場と勝利へ意欲を示した。

 リーグ開幕からミッドウィークとの連戦が続くだけに、ザーゴ監督からは「終わったことはしょうがない。ルヴァンカップの鳥栖戦に向けて切り替えていこう」と声を掛けられたという。荒木はルヴァンカップ初陣の鳥栖戦に向けて、「松岡(大起)、本田風智をはじめ同い年の選手がいるので、彼らに負けたくない気持ちはあります」と闘志を燃やした。

「ルヴァンカップでも結果を出したい。スタメンで出場できるように、日頃の練習から結果を残していきたいと思っています」

 そう語る荒木は自身が今季ファーストゴールを決めた清水戦について、「点を決めたあとだからこそ、気を引き締め、もう一段階ギアを上げられれば。もっとみんなと声を掛け合いながら引き締めたかったと思いました」と振り返る。ただ、チームの雰囲気について、「開幕戦に負けて、次の練習からみんなが本当に声を出し、気持ちを上げて、次の試合に引きずらないように、むしろ快勝するぐらいの気持ちの強い気持ちで励んでいます」と頷く。

 若手の登竜門と言われるルヴァンカップ。プロ2年目、19歳の荒木は連戦が続くだけに、「一丸となって戦い、若手が突き上げ、結果を残していければチームとしてもいい方向に進んでいくと思います」と気持ちを昂らせていた。

 鹿島対鳥栖戦は3月3日、カシマサッカースタジアムで19時キックオフ。

オンラインの取材に応じた鹿島の荒木遼太郎。写真提供:鹿島アントラーズ/(C)KASHIMA ANTLERS

注目記事:原口元気を押し倒し激高、ハノーファーのギニア代表DFに厳罰

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads