×

【G大阪】10日の大分戦、中止決定。感染の影響範囲が確定できず

(C)SAKANOWA

計8人から新型コロナ陽性反応。

 Jリーグは3月8日、10日に予定されていたJ1・3 節のガンバ大阪対大分トリニータ戦(19:00/パナソニックスタジアム吹田)を中止、延期すると発表した。前日に新たにG大阪のトップチームの選手とスタッフ1人ずつ新型コロナウイルス感染症の陽性判定が確認され、これで選手6人・スタッフ2人と計8人に。感染が拡大していることを鑑み、ホーム開幕戦は持ち越された。

 G大阪によると、吹田市保健所から7日に陽性判定を受けた2人(トップチーム選手1人・チ ームスタッフ1人)について、濃厚接触者はいないとの見解が示された。しかし一方、新型コロナウイルスの陽性判定者がチーム内に増加している状況から、現時点で感染の影響範囲が確定できないとして、10日の大分戦の開催中止、延期を決定した。

 代替日や今後の試合開催などについては協議中で、改めて発表される。

◇中止となった試合のチケットについて
全てのチケット・駐車券は払い戻しとなります。代替開催日の試合ではご利用いただけません。「払い戻し方法」及び「払い戻し受付期間」が決定次第、ガンバ大阪ホームページでお知らせいたします。

※チケットの払い戻しは J リーグチケットサービス利用規約に基づき、払い戻し受付期間内のみの対応となります。

※払い戻し期間を過ぎた場合や、店頭発券のチケットを破損・紛失された場合などは、払い戻しが受けられません。お手元のチケットは大切に保管ください。 ◇オフィシャルショップの営業について 試合中止に伴い、明日 3/10(水)のオフィシャルショップ「ブルスパジオ」・ミュージアム「ブルストリア」 は休業とさせていただきます。

注目記事:なぜ騒動に!?「寿司の国」発言の顛末。室屋成のシュートから…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads