×
×

「殺すぞ」小林祐希がカタールの主審から脅迫か「サッカーは公平で、選手への尊敬がなければ」

日本代表での小林祐希。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2019年のアジアカップでも主審を務めたアル=ジャシム氏から?

 カタール1部のアル・ホールSCに所属する小林祐希が3月8日、ツイッター(アカウントは @iamyuuki4424)を更新し、同日のアル・ガラファ戦で主審から「殺すぞ」と脅されたと告発し、波紋を呼んでいる。

 アル・ホールのホームゲームで行われた一戦は、4位のアル・ガラファが3-1でアル・ホームに勝利を収めた。日本代表でもプレーしてきたレフティはこの試合、フル出場を果たしている。

 しかし試合後、小林が次のようにツイッターで投稿した。

今日の試合で俺がカタールに来て1番衝撃的なことがあった。試合後半、チームメイトが打ったシュートが相手ディフェンダーに当たってゴールラインを通過していった。普通ならコーナーキックでマイボール。みんなが知っている。レフリーはゴールキックを指示した。

 ここから話が大きく動く。

1番近くにいた俺が「he touched 」とレフリーに言うと「yes , I was small touch. But small touch is no touch. This is new rule」と言って相手チームの選手と笑っていた。俺は「this is no respect 」それは良くないと主張した。すると「ok you’re my opponent, I’m gonna kill you 」と言ってきた

 そして28歳の日本人ミッドフィルダーはカタールリーグに調査を求めている。

レフリーの言ったことが録音されているはずだから聞いた方がいい。サッカー云々関係なく、人に対して殺すぞと言って良いのか? ありえないでしょ。 カタールリーグがこのレフリー(Abdulrahman lbrahim Al-Jassim )に対してどんな処分を下すのか。普通なら2度と笛を吹けなくなるよね。 @QSL

 小林は英語でもこの出来事を伝えるツイートを投稿。「私たちはクラブのため、家族のため、チームのため、人生のためにプレーしています。チームが大きくても小さくても、選手が有名かどうかは関係ありません。サッカーは公平で、選手を尊重しなければなりません。『殺す』とは言えません。二度と起こらないことを願います」と、メッセージを発信している。

 その主審はFIFA国際審判でもあるアブドゥルラフマン・アル=ジャシム氏で、2019年のアジアカップでも笛を吹いている。アジア(AFC)を代表する主審の一人でもある。果たしてカタールリーグやサッカー協会は何かしらのアクションを起こすのか。小林の心(メンタル)への影響も心配される。

注目記事:「ほぼ合意した」本田圭佑の移籍決定へ、ネフチ・バクー監督明言

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads