×
×

日本サッカー協会がスペインサッカー連盟とパートナーシップ協定更新

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

マネジメント/事務局スタッフによる人的交流、マーケティング、指導者養成、審判養成、タレント発掘など連携。

 日本サッカー協会(JFA / 田嶋幸三会長)は3月17日、スペインサッカー連盟(Real Federación Española de Fútbol = RFEF )とパートナーシップ協定を更新したと発表した。

 今回の協定締結により両協会の関係強化、両国のサッカー発展のため、今後さらに積極的に相互協力を図っていく。JFAは現在、スペインサッカー連盟のほか、ドイツサッカー連盟やタイサッカー協会、南米サッカー連盟、さらにFCバイエルン・ミュンヘンといった25の連盟・協会・クラブとパートナーシップ協定を締結している。

 更新した協定の概要は下記の通り。

■調印日
2021年3月17日(水)18:00
(スペイン時間 10:00)

■調印場所
オンライン

■調印式出席者
スペインサッカー連盟 ルイス・ルビアレス会長
日本サッカー協会 田嶋幸三会長

■協定内容
両国におけるサッカーの相互利益、促進、成長、成功に向けた、両協会の関係強化
・マネジメント/事務局スタッフによる人的交流
・マーケティング
・IT 及びデジタル戦略(デジタルメディア/デジタルマーケティング)
・CSR 及びファンエンゲージメント
・グラスルーツ
・各年代代表チームによる親善試合(フットサル、ビーチサッカーを含む)
・指導者養成
・審判養成
・タレント発掘
・e スポーツ

■期間
2020年12月9日(契約日)より2年間

現在パートナーシップを締結している協会・連盟・クラブは以下の通り。
<アジア>
東地域:チャイニーズ・タイペイ、香港、モンゴル
東南地域:インドネシア、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア
中央地域:イラン、ウズベキスタン
西地域:オマーン、カタール、ヨルダン

<ヨーロッパ>
イングランド、スペイン、デンマーク、ドイツ、フランス、ベルギー、ロシア、FCバイエルン・ミュンヘン

<南米>
南米サッカー連盟、パラグアイ、ベネズエラ

注目記事:【清水】なぜ?日本代表選出の権田修一が「少し悔しい」と漏らした理由とは

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads