×
×

【日韓戦この1枚】日本代表DF山根視来の咆哮。こうした最高の瞬間のために、サッカーをしてきた

日韓戦、山根視来が決めた!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

持ち味である「ゴールの匂いにするところ」を攻略――。

[国際親善試合] 日本代表 3–0 韓国代表 /2021年3月25日/日産スタジアム

 日本代表に歓喜をもたらした、山根視来が決めた一発――。こうした場面でゴールを決められたら最高に気持ちいいだろうな。そこで本当に決め切るために、サッカーをしてきました。

 27歳の右サイドバックはそのように、この日、日本で最大の注目を集めたシーンについて振り返った。

 日本代表のデビュー戦が、歴史ある韓国代表との大一番に。16分、迷わず右足を振り抜き、両チームのコントラストを分ける大きな先制点をもたらした。

「日韓戦という負けられない戦いでゴールをできて、すごく嬉しいです。僕の持ち味は、ゴールの匂いがするところへ入っていくところ。守田が反応してくれて裏に走り込めて、シュートは枠に向けてしっかり狙えました」

 プロキャリアをスタートさせた湘南ベルマーレ、そして2年目の川崎フロンターレで見せてきた、積極的かつ豪快なプレーを日の丸をつけても貫いた。

「絶対に後悔ないようにプレーしようと思っていました」

 合宿中は一人でいる時間が多く、いろいろ考えていた。ただ、その時間をプラスに活用できたという。

 遅咲きのアウトサイダーが爆発させた歓喜。日産スタジアムに響かせた彷徨。国際Aマッチ1試合・1得点が記録された。

 山根のサクセスストーリーは、さらにどんな展開が待っているのか。応援してくれる人たちの期待に応えようと、まだまだこれからたくさんのことが起こりそうだ。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA]
[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads