×

【U-24日本代表】スタメン決定&展望。久保、三笘、三好の魅力的な2列目から南米王者アルゼンチンを崩す。旗手は左SB起用

(C)SAKANOWA

田中碧が出場停止のボランチには、渡辺皓太が入る。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 – U-24アルゼンチン代表 /2021年3月26日19:00/東京スタジアム

 U-24アルゼンチン代表戦に臨むU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。登録上はディフェンダーが3人だが、川崎フロンターレの旗手怜央が左サイドバックに入る4-2-3-1が採用されると見られる。

 昨年のU-23アジア選手権でのレッドカードのサスペンションにより田中碧(川崎)がこの第1戦は出場停止となり、ボランチには渡辺皓太(横浜F・マリノス)が抜擢された。このチームでは同ポジションで起用され続けてきた司令塔候補だが、横内昭展コーチ(今回は監督)からの信頼も感じられ、大きなひと仕事が期待される。

 2列目には、久保建英(ヘタフェCF)、三笘薫(川崎)、三好康児(ロイヤル・アントワープFC)が並ぶ魅力的な陣容に。三好と久保、どちらが右MFとトップ下に入るかも注目点になる。このレフティコンビの連係を高めることも、チームにとって課題の一つ。田川亨介(FC東京)を含めた前線でアルゼンチンの守備を打破できれば、個々とU-24日本代表にとって、大きな自信にもつながるはずだ。

 U-24日本代表はこのあと中2日で、移動したあと北九州スタジアムで、同じくU-24アルゼンチン代表との第2戦を行う。金メダル獲得を目標に掲げる、東京オリンピックに向けた重要な強化の場。南米予選を1位で突破した強豪相手にまず全力で真っ向勝負を挑む。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads