【浦和0-1柏】西大伍のクロスに興梠慎三が合わせ決定機。しかしクリスティアーノ弾に沈む

浦和の西大伍。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

浦和は公式戦4試合連続ノーゴール。

[ルヴァン杯 GS2節] 浦和 0-1 柏/2021年3月27日/埼玉スタジアム

 ルヴァンカップ・グループステージ(GS)2節の浦和レッズ対柏レイソル戦、アウェーの柏がクリスティアーノのゴールを守り切り1-0の勝利を収めた。柏はGS初勝利。

 両チームともに来週のJリーグ再開を見据え、いくつかのテストを兼ねて、そのなかで勝利を目指した。

 試合は互いに球際に激しく行き、なかなかゴール前のチャンスに持ち込めない展開が続く。そうしたなか61分、新天地での公式戦デビューを果たした浦和の西大伍のクロスを、興梠がダイビングヘッドで合わせる決定的なチャンスを作り出す。日本代表経験のある二人の今後のホットライン開通を予感させるビッグプレーとなった。

 それぞれ交代選手を投入して変化をつけていくが、守備陣も簡単に起点を作らせない。決定的な機会も限られたなか、均衡を破ったのは柏だった。

 79分、右コーナーキックのチャンス。神谷優太のキックを途中出場のクリスティアーノがヘッドで合わせて先制! 

 その後は浦和が反撃し、試合終了間際には明本考浩が決定的なシュートを放ったが、公式戦デビューを果たしたルーキー佐々木雅士に止められた。

 グループステージC組、浦和は2分、柏は1分1敗。浦和はGS2試合連続、公式戦では4試合連続でノーゴールとなっている。

 柏のネルシーニョ監督は試合後、「前半は守備面では良かったものの、なかなか相手のプレッシャーをかいくぐれず、有効な攻撃につなげられずにいました。ボールを握る時間帯が少なく、後半はより攻撃を意識し、カウンターの機会も増えていきました。自信を持ってプレーしてくれました。選手たちをたたえたいと思います」と語った。

 両チームのメンバーは次の通り。

▽浦和レッズ
▼先発
GK
12 鈴木 彩艶
DF
8 西 大伍
(84分 41 関根 貴大)
4 岩波 拓也
5 槙野 智章
15 明本 考浩
MF
11 田中 達也
(HT 18 小泉 佳穂)
17 伊藤 敦樹
(80分 22 阿部 勇樹)
29 柴戸 海
13 伊藤 涼太郎
(HT 24 汰木 康也)
FW
30 興梠 慎三
(69分 9 武藤 雄樹)
14 杉本 健勇

▼控え
GK
25 塩田 仁史
MF
3 宇賀神 友弥

▼監督
リカルド・ロドリゲス

▽柏レイソル
▼先発
GK
21 佐々木 雅士
DF
25 大南 拓磨
44 上島 拓巳
15 染谷 悠太
20 三丸 拡
MF
8 ヒシャルジソン
26 椎橋 慧也
(84分 27 三原 雅俊)
39 神谷 優太
11 マテウス・サヴィオ
(67分 31 イッペイ・シノヅカ)
FW
19 呉屋 大翔
(57分 9 クリスティアーノ)
35 細谷 真大

▼控え
GK
46 松本 健太
DF
50 山下 達也
6 高橋 峻希
MF
37 鵜木 郁哉

▼監督
ネルシーニョ

注目記事:【浦和】サンパウロFWへのオファーを断られる!?レンタル移籍は望まず

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads