×
×

【浦和】敗戦にもサポーターから熱い拍手。鈴木彩艶が埼スタデビュー、一体何を思ったか?必ずやこの舞台で――

オンラインによる取材に応じた浦和の鈴木彩艶。協力:浦和レッズ

両チームともにタイトな守備を続け、CKから失点。好セーブ披露、興梠がいることでロングキックも効果発揮。

[ルヴァン杯 GS2節] 浦和 0-1 柏/2021年3月27日/埼玉スタジアム

 浦和レッズのGK鈴木彩艶がルヴァンカップ・グループステージ(GS)2節の柏レイソル戦、フル出場を果たした。GSでは2試合連続出場。しかしコーナーキックからクリスティアーノにゴールを割られ、公式戦での初失点を喫して敗れた。好セーブも見せていたが、ホームでの初勝利を逃したことで、試合後には悔しさを滲ませた。

 前半終了間際に放たれた強烈なシュートには、自らの間合いへと持ち込み、ニアにしっかり反応してファインセーブを披露。後半はハイボールも増えるなか、ボールをしっかりキャッチすることで、相手に流れを渡さなかった。また、ある程度アバウトなボールも処理してくれる興梠慎三が前線に入ったことで、そのロングキックも効果をより発揮した。

 それだけに――。神谷優太の精度の高いコーナーキックからクリスティアーノにヘッドで合わされ、これは防ぎ切れなかった。こうした拮抗した試合だからこそ二人のタイミングで崩せるセットプレーは狙っていた、という柏のユニットのしたたかさに、してやられた。

「ピンチの数はゼロと言っていいほどなかったですが、攻撃面ではなかなか点が取れず、コーナーキック1本でやられてしまうという本当に難しさがありました」

 鈴木はそのように唇を噛み締めた。

 憧れていた埼スタのピッチにプロとして初めて立ち、背中からの拍手を力に変えていった。それだけにファンとサポーターに勝利を届けられなかった責任を痛感していた。

「ファンとサポーターの皆さんに勝利を届けられていません。まずチーム一丸となって勝利を届けられるように、今後やっていきたいと思います」

 公式戦は4試合ノーゴールが続く。ルヴァンカップも2試合連続無得点である。試合後には再びリカルド・ロドリゲス監督も加わって、選手とともに挨拶をした。ゴール裏からの熱い拍手に、鈴木は何を思ったか――。

「今後への期待が込められていると捉えています。よりレベルアップして、もう一度この舞台に立ち勝利を掴めるようにやっていきたいと思います」

 みんなの期待に応えたい。埼スタのピッチを踏みしめた18歳の守護神候補は、その気持ちをさらに強めていた。

注目記事:【浦和】ティティパンの獲得を検討か。元大分ボランチ、タイメディアが報じる

[文:塚越始]

Ads

Ads