×

会心25メートル弾、原口元気は「俺の距離だった」。ハノーファーが0-3からハンブルクに追い付く

ハノーファーの原口元気。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

スポンサーから「金のレンガ」が贈られる。

[ブンデスリーガ2部 27節] ハノーファー 3-3 ハンブルク/2021年4月4日/AWDアレーナ

 ドイツ・ブンデスリーガ2部、ハノーファーの原口元気がハンブルガーSV戦、約25メートルのミサイル弾と試合終盤での飛び出しからの一発と2ゴールを奪取。ファンが選ぶこの試合の最優秀選手「シュピーラー・デス・シュピール」に選ばれ、スポンサーから「金のレンガ」が贈られた。室屋成も1アシストを記録している。

 ハノーファーはチーム内の新型コロナウイルスの発生により、3月6日のFCエルツゲビルゲ・アウエ戦(△1-1)以来約1か月ぶりの実戦に。

 原口はボランチで先発。50分までに3失点を喫する厳しい展開となったが、56分、セットプレーから横パスを受けると約25メートルの地点で右足を振り抜き、豪快にゴールネットに突き刺す。さらに1点を加えたあとの84分、ハノーファーの「10番」がプレッシングからボールを奪ってゴール前に顔を出し、倒れながらもこぼれてきたボールを左足でねじ込み、3-3に追い付いた。

 ファン・サポーターから最多92パーセントの支持を得て「シュピーラー・デス・シュピール」に選出された原口は公式サイトで、「(1点目について)あれは約20メートルから25メートルありましたが、俺の距離ですね。典型的な自分のゴールと言ってもらっていいです」と喜びのコメントをしている。

 ハノーファーは10勝6分9敗(31得点・39失点)の勝点36で9位(2試合消化が少ない)。

 今回の3月シリーズは、チーム状況により日本代表には参戦できなかった。原口は今季、ブンデス2部25試合・7得点・6アシスト。一方、室屋は24試合・3アシスト。

注目記事:Jリーグ移籍期間終了、まだ獲得できる「5大銘柄」。元リバプールエース、スペイン得点王、ナイジェリア巨星…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads