×
×

娘にサッカーしてほしい?内田篤人氏の希望は…「JFAユニクロサッカーキッズ」キャプテン就任の記者会見で

「JFAユニクロ サッカーキッズ」のキャプテンに就任した内田篤人氏。(C)JFA

大役を任され「責任重大。僕なりに頑張っていきたい」。

 公益財団法人日本サッカー協会(JFA)と株式会社ユニクロは4月13日、元日本代表のDF内田篤人氏が「JFAユニクロサッカーキッズ」のキャプテンに就任したと発表した。その発表記者会見で内田氏は「僕自身、小学1年生の時にサッカーを始めました。そこでサッカーの素晴らしさ、スポーツで体を動かすことはとても大切だと思いました。そしてプロサッカー選手になってプレーできたのも、サッカー界、スポーツ界を支えてくださっている方がいてくれたからこそでした。そういったことを次の世代につなげることが使命だと思っています」とこの“大役”に意欲を示した。

 今回の起用理由の一つが『幅広い層から絶大な支持がある』こと。そう言われた内田は、「ちょっと言い過ぎではないかと思っていますが、責任重大です。僕なりに頑張っていきたいと思います。ぜひ子供たちとサッカーを通じて、スポーツの良さ、ユニクロの良さを伝えられればと思います」と気持ちを引き締めていた。

 このイベントは初めてボールやグラウンド、芝生に触れるというグラスルーツの取り組みの一環で、6歳以下の未就学児が対象となっている。しかも全国各地、東京ドーム、PayPayドーム、そして内田氏が鹿島アントラーズ時代にプレーしてきたカシマスタジアムなど、憧れのスタジアムが会場として用意されている。

 そういったなか、「子供にサッカーをさせたいか?」という質問を受けた内田は、次のように語った。

「女の子ふたりなので、サッカーをしてくれたら嬉しいですけれど、厳しさも知っているので。楽しんでサッカーをしてもらえたらいいなと思います。ケガなく。僕はケガをしたので。ヒザには気を付けて、やってほしいなと思います」

 そのように内田氏は「楽しく」、そして「ケガなく」、サッカーをもしもしてくれたら嬉しいと希望を口にしていた。

◆「JFAユニクロサッカーキッズ 」について◆
公益財団法人日本サッカー協会は2003年から 「JFAキッズプログラム」の一環として、 株式会社ユニクロ の特別協賛のもと、6歳以下の未就学児向けのミニサッカーフェスティバル「JFAユニクロサッカーキッズ」を全国で実施。これまで約28万人が参加し、少人数制のミニサッカーを 通じて、子どもたちがスポーツを楽しみながら、自立心やチームワークを身につけられる機会を無償で提供している。

JFAユニクロサッカーキッズ公式サイト: https://www.jfa.jp/grass_roots/festival/kidsfestival-usk/

◆【2021年度 JFAユニクロサッカーキッズ 開催日程】◆
新潟県 デンカビッグスワンスタジアム 6/27(日)
福岡県 福岡 PayPay ドーム 7/4(日)
北海道 札幌サッカーアミューズメントパーク 人工芝 9/5(日)
東京都 東京ドーム 9/12(日)
宮城県 キューアンドエースタジアムみやぎ 9/20(月・祝)
茨城県 茨城県立カシマサッカースタジアム 9/26(日)
愛知県 名古屋市港サッカー場 10/23(土)
福井県 福井県営陸上競技場 9.98スタジアム 11/7(日)
岡山県 シティライトスタジアム 11/21(日)
京都府 たけびしスタジアム京都 11/28(日)
山口県 山口きらら博記念公園多目的ドーム 12/5(日)
大分県 調整中 12/12(日)
埼玉県 メットライフドーム 12/25(土)
神奈川県 横浜スタジアム 2022年 2/6(日)
大阪府 調整中 調整中

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、予定が変更となる可能性があります。
※調整中の会場、各イベント概要、参加者募集については、JFA 公式サイトにてお知らせします。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads