×
×

【鹿島】東京五輪候補、町田浩樹が「何としても勝ちたかった」渾身ジャンプヘッド弾!相馬直樹監督に初勝利をもたらす

鹿島の町田浩樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

徳島戦でウノゼロ、攻守両面で『結果』を残す。

[J1 10節] 徳島 0–1 鹿島/2021年4月17日14:00/鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

 J1リーグ10節、鹿島アントラーズのU-24日本代表DF町田浩樹が徳島ヴォルティス戦、永戸勝のコーナーキックに高い打点からジャンプヘッドで叩き込み、これが決勝点に。ザーゴ前監督から相馬直樹監督への指揮官交代に揺れるなか、新体制初陣でのウノゼロ(1-0)勝利に、攻守両面で大きく貢献した。

 徳島にボールを持たれるなか、セットプレーからの一発を狙っていた。31分、永戸の右からのインスイングのコーナーキック。ストーンを超えたあとジャンプ一番、28番の渾身のジャンプヘッドから、ゴールネットを揺らした。

「相手にあまり身長の高い選手がいなかったなか、カツくんがいいボールをくれたので枠へ飛ばすだけでした」

 ザーゴ前監督の解任。町田も大きな責任を感じていた。

「今週監督が替わったのは、選手たちの責任もであります。僕自身、ザーゴ監督の時に(試合で)使ってもらっていたので、非常に責任を感じていました。何としても今日は勝ちたい気持ちで戦っていました」

 この日も先発で起用され、相馬監督の期待にも応えるゴールとなった。

「やるべきことをしっかりやろうとみんなで話していました。球際、走りきるところ、コンパクトに陣形を保つことなど、原点に戻ったと言いますか、もちろん戦術もありますが、ゴールを取りに行く、ゴールを守る、『勝利』から逆算し、そこを明確に共有できました」

 そのように町田は、まず1勝を掴み取ったことを前向きに捉えていた。

「これを続けなければ意味がない。これを継続していきたいと思います」

 しぶとく勝つ――。相馬監督も語っていた挑む姿勢から、貴重な勝点3を掴んだ。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads