×

【浦和】長谷部誠、鎌田大地と武田英寿、藤原優大が対決。あの選手もサポート役で登場。浦和応援番組、スカパー!ユーチューブチャンネルで

浦和の武田英寿。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ルール縛りのPK対決など“ブンデスリーガチャレンジ”。

 J1リーグの浦和レッズは4月30日18時から、OBの長谷部誠、日本代表の鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルト、ドイツ・ブンデスリーガを運営するDFLとの共同特別企画として、浦和の応援番組『URAWA CHANNEL NEXT』特別編、スカパ ー! YouTubeチャンネル「ブンデスリーガLIVE powered by スカパー! 」にて無料配信する。

 スカパー! で放送するJリーグのクラブ番組が、ブンデスリーガのクラブとコラボレーションするのは初の試み。またフランクフルトやDFLにとってもこの企画が他国との初のコラボレーション。浦和は「4者が手を取り合い共同企画を実施することで、日本とドイツをつなぐファン・コミュニケーションを実現し、新たな価値を提供してまいります」と呼び掛けている。

 番組内では”ブンデスリーガチャレンジ”と題し、フランクフルトの長谷部、鎌田との対決が実現! ブンデスリーガを代表する2選手と対決するのは、青森山田高校の先輩後輩コンビである武田英寿とルーキーの藤原優大。サッカーボールを使ったクロスバー当て対決に始まり 、ラグビーボールやビニールボールでも果敢に挑戦!さらに、引いたカードに記載されたルール縛りのPK対決など、穏やかな雰囲気の中でも随所に技術の高さを見せている。 若手2選手のため、新加入・西大伍がサポート役として出演する。

武田英寿「今回はこのような素晴らしく面白い企画を考え出演させていただきありがとうございます。プロ2年目になって、まさか長谷部選手、鎌田選手と対戦する日が来るとは思ってもいませんでした。オファーを受けた時はとても嬉しかったです。今回は色々な形で勝負させていただきましたが、次はピッチの上で試合という形で戦いたいと思いました。ブンデスリーガは僕も見ています。とても活躍されているところを見させていただいているので、僕自身も海外で活躍できる選手になれるように努力していきます。今はまだ新型コロナウイルスの影響で人数が制限されスタジアムでファン・サポーターの皆さんに応援していただくことはできませんが、それでも勝利することやプレーでたくさん楽しんでいただけるように頑張ります」

藤原優大「僕は今シーズンから浦和レッズに加入し、プロサッカー選手の道をスタートさせましたが、いつもテレビで見て憧れていた長谷部選手、鎌田選手と対戦し、すごく貴重な体験をさせていただきました。また、2選手が所属している フランクフルトの試合やブンデスリーガの試合をよく見ますが、デュエルの激しさなど世界最高峰のリーグで活躍されている姿を見て自分の未熟さを日々痛感しています。現在も、新型コロナウイルスの影響でたくさんの制限を 受けながら生活をしていますが、少しでも多くの人に笑顔を届けられるよう個人としてもチームとしても取り組んで いきたいと思います。そしてみなさんが笑顔になれるような企画になったと思うので是非ご覧ください!」

注目記事:【東京五輪】Jリーグ組のオーバーエイジ採用「なし」で確定!?

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads