×

【U-24日本代表】久保建英が20歳初戦ゴール!!東京五輪想定のガーナ戦、堂安律、相馬勇紀、上田綺世も決める

U-24日本代表対U-24ガーナ代表戦、20歳初戦の久保建英が決めた!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

締めくくりは三笘薫。

[国際親善試合] U-24日本代表 6-0 U-24ガーナ代表/2021年6月5日/ベスト電器スタジアム

 東京オリンピックを控えた“仮想・南アフリカ”の一戦、U-24日本代表が6-0でU-24ガーナ代表に勝利を収めた。前日4日に20歳の誕生日を迎えた久保建英が1-0で迎えた32分に強烈なシュートを突き刺し、二十代ファーストゲームで初ゴールを記録。さらに堂安律、オウンゴール、相馬勇紀、上田綺世、そして最後は三笘薫が決めてみせた。

 日本はオーバーエイジ(東京オリンピック本番で24歳以上、3人が登録可能)の吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が揃って先発フル出場。そこに五輪世代の久保、堂安、上田、田中碧らが融合して、コンビネーションを高める一方で、左サイドや前線など複数ポジションの“最終テスト”も行われた。

 立ち上がりはガーナも身体能力を生かして高い位置から重圧をかけてくるものの、次第に日本が正確にパスを散らしながら試合のリズムを掴んでいく。

 迎えた16分、久保のシュートのこぼれ球を堂安が押し込んで先制に成功。さらに32分、ポストプレーでタメを作った上田のパスから久保が決めて2点目に! 20歳で迎えた最初の試合、さっそくゴールを決めてみせた。

 さらに44分、右サイドを打開した酒井のクロスがオウンゴールを生む。そして48分には、堂安のスルーパスを受けた相馬が鮮やかに決める。56分、相馬のクロスを上田が持ち味を生かすヘッドで叩き込み、5-0とした。

 日本のワンサイドゲームとなり、途中、田中へのラフプレーで吉田が激怒して一発触発の雰囲気にも。それでも手を緩めないホームチームは、89分、交代出場の三笘薫が決めて、6-0の勝利を収めた。

酒井宏樹。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
堂安律。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
上田綺世。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

注目記事:【U-24日本代表】東京五輪初戦まで50日「最新序列」。最激戦区は左MF!三笘、相馬、遠藤渓、さらに前田も。前線粒揃い、2トップも試したい

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads