×

【U-24日本代表】東京五輪初戦まで50日「最新序列」。最激戦区は左MF!三笘、相馬、遠藤渓、さらに前田も。前線粒揃い、2トップも試したい

(C)SAKANOWA

GK鈴木彩艶、沖悠哉は実戦数の増加でチャンス広がる。

[チャリティマッチ] 日本代表 – U-24日本代表 /2021年6月3日19:30/札幌ドーム

 東京オリンピックの男子サッカー初戦、グループステージの南アフリカ戦まで、あと「50日」――。U-24日本代表は6月3日、キリンチャレンジカップ・ジャマイカ戦の中止を受けて、札幌ドームで日本代表と対戦することが決定した。選手たちは1日に北海道へ移動し、さっそくトレーニングを行った。5日には福岡でU-24ガーナ代表と対戦する。今回招集されたオーバーエイジ3人を含めた27人の最新序列をチェックしたい。

 日本代表と兼任する森保一監督から「絶対的な戦力」として迎え入れられたオーバーエイジの吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航はもちろん各ポジションの一番手。ただ東京五輪は登録18人、中2日で決勝まで組まれるハードなスケジュールのため「二番手」の選手も重要となる。

 酒井のいる右SBは、橋岡大樹と菅原由勢の“一騎打ち”と言える状況。橋岡はCBにも対応できるだけにややリードか。

 板倉滉、中山雄太も守備のポリバレント。いずれもオランダリーグではレギュラーとしてCBでプレーしていて、3月のU-24アルゼンチン代表戦でも大きな存在感を示した。ただ守備陣に全てのオーバーエイジ枠が活用されたことで、森保監督・横内昭展コーチ(森保氏不在時の監督)は、どのような判断を下すか。

 また、この日本代表戦の実現で、実戦形式が一つ増えた。今回4人が登録されているゴールキーパー陣にとっては、むしろチャンスが広がったと言える。18歳にして浦和でレギュラーポジションを掴もうとしているU-20日本代表でもある鈴木彩艶、好調鹿島アントラーズを支える沖悠哉にとっては、谷晃生&大迫敬介の牙城に挑む機会になる。

 一方、前線はタレントが揃う。むしろオーバーエイジが活用されなかったことで、この6月シリーズ、さらにサバイバルが過熱する。

 特に左サイドは、川崎フロンターレでは圧倒的な存在感を示すものの、このチームでは結果を残せずにいる三笘薫、ドリブラーの相馬勇紀と遠藤渓太、さらにはFWなど複数ポジションに対応できる前田大然も対応できる。まさに「激戦区」だ。やはり三笘が周囲との連係を含めてハマれば、このチームにとって大きなプラスになりそう。川崎から多くの選手が選出されており(元川崎も多い)、そのグループやラインを試す機会があるかどうかも注目点の一つに。川崎の選手が揃って序列を上げることもあり得る。

 また、横内監督は久保建英のトップ下起用にこだわってきた。ただ、プレッシャーを受けやすいその位置で、4日に20歳になるレフティは苦戦を続けている。生粋のストライカー上田綺世、スピードスターの前田、好調なビースト林大地、オールラウンドタイプの田川亨介ら前線のタレント力を引き出す意味でも、2トップも試す機会はないだろうか。戦いの幅が広がり、すでに固まりつつある序列にも変化が生まれる。それもまた守備陣にオーバーエイジを活用したメリットの一つとなるはずだ。

注目記事:田嶋幸三会長が経緯説明◎ジャマイカ代表はオランダと米国から10人ずつ出発予定◎欧州組8人の「陰性証明」が日本政府の要式に合致せず◎チャーター機も検討◎日本代表戦の中止決定。一方で…

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads