×

J3八戸が秋吉泰佑ら5人にクラブ規律違反で謹慎と減俸の処分

(C)SAKANOWA

宮崎遠征でのコロナ禍における不適切な行動に対して。

 J3リーグのヴァンラーレ八戸は6月8日、所属する5選手について、クラブ規律違反により13日までの謹慎と2か月間の減俸10パーセントとする処分を命じた。

 クラブによると、処分を受けたのは秋吉泰佑、前田柊、高見啓太、上形洋介、岡佳樹。処分内容は、6月7日から13日までの謹慎(期間中の練習参加、リーグ戦出場も禁止)、2か月間10パーセントの減俸。

 本人たちに事情聴取を行ったところ、宮崎遠征中、クラブが定めていた行動規律に違反していたことが認められたため、処分に至ったという。下平賢吾社長は「ヴァンラーレ八戸を応援していただいているファン・サポーターの皆様、パートナーの皆様、ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。この度、宮崎遠征でのコロナ禍における不適切な行動に対する処分を行いました。クラブ全体として再発防止、意識・指導に向けた取組みを実施し、信頼回復に努めて参ります」と謝罪している。

 J3リーグ3年目の八戸は今季これまで3勝3分4敗で7位につけていた。

注目記事:鈴木優磨にヘルタ、フェネルバフチェがオファーか。しかし「別のリーグでのプレーを希望」!?移籍金の設定額は…

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads