×

【日本1-0セルビア】CKから伊東純也が決勝弾!オナイウ&川辺駿の投入で流れ一変

強豪セルビア戦、伊東純也が先制弾!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

鎌田大地のキックに谷口彰悟がニアですらして――。

[キリンチャレンジカップ] 日本 1-0 セルビア/2021年6月11日/ノエビアスタジアム神戸

 キリンチャレンジカップ2021、日本代表(SAMURAI BLUE)がコーナーキックからの伊東純也のゴールでセルビア代表に1-0の勝利を収めた。FIFAランキングはセルビアが25位、日本が28位。セルビアは主力が不在ではあったが、価値ある勝利となった。

 前半は両チームともに前線にボールが収まらず、やや引き締まらない展開が続く。

 するとハーフタイムを挟んで、日本の森保一監督はセンターフォワードの古橋亨梧とボランチの橋本拳人を下げて、オナイウ阿道、川辺駿を投入。これで試合の流れが一変する。オナイウが高い位置からプレスをかけつつボールを確実に収め、川辺が素早くパスを散らすことで、セルビアの最終ラインが低く守る形になる。

 そこで掴んだ右CKのチャンス。48分、鎌田のキックに谷口彰悟がニアでヘッドで合わせてファーへ。そのスペースに走りこんだ伊東が押し込み、ついに先制に成功する。

 さらにその後も日本が主導権を握る。64分、カウンターに持ち込み伊東のクロスにオナイウが合わせて代表初ゴール――と思われたがオフサイドの反則に……。

 一方、セルビアもパワーのあるカウンターを仕掛けて対抗するが、日本も堅守で対抗する。

 先制点を決めた伊東が相手選手と接触。右ヒザを傷めてしまい、浅野拓磨と交代するアクシデントも発生。それでも日本が最後まで集中を切らさず、1-0で勝利を収めた。

 日本のメンバーは次の通り。

GK
権田修一
DF
室屋 成
(65分 → 山根視来)
植田直通
谷口彰悟
長友佑都(キャプテン)
(82分 → 小川諒也)
MF
守田英正
橋本拳人
(HT → 川辺 駿)
伊東純也
(76分 → 浅野拓磨)
鎌田大地
南野拓実
(82分 → 原口元気)
FW
古橋亨梧
(HT → オナイウ阿道)

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

注目記事:【日本代表】ストイコビッチが日本語でダメ出し、吉田麻也「テクニック」を見せつけたかった!

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads