×

【浦和】酒井宏樹が東京五輪へ決意を示す「母国日本で開催される夢の舞台に出場できる一生に一度の経験」

酒井宏樹。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

オーバーエイジで選出。鈴木彩艶はバックアップメンバー、7月5日からの合宿帯同。

 フランス1部オリンピック・マルセイユからJ1リーグ浦和レッズへの加入が決定しているDF酒井宏樹が6月22日、東京オリンピック日本代表のメンバー入りを果たした。メンバー18人のうち、24歳以上3枠に適用されるオーバーエイジ(OA)での選出となる。

 酒井は浦和を通じて、次のようにコメントを発表した。

「サッカーU-24日本代表に選出されたことを大変光栄に思います。母国日本で開催される夢の舞台に出場できることは一生に一度の経験です。オーバーエイジで選ばれた責任を噛みしめながら、一戦一戦勝利に貢献したいと思います。 また、コロナ禍の大変な状況の中、支えて下さるたくさんの関係者、 ファン・サポーターの方々への感謝の想いを胸にプレーしたいと思っています。応援よろしくお願いします」

 森保一監督はメンバー発表の記者会見で、「目標は金メダル。現時点でのベストメンバー」と語っている。

 日本は7月5日から合宿を行い、キリンチャレンジカップ2試合を経て、22日の五輪グループステージ初戦の南アフリカ戦に臨む。バックアップメンバーに選ばれた鈴木彩艶もこの合宿に帯同。キリンチャレンジカップにもメンバー入りする。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…。Jリーグ勢最高は21位

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads