×

【大分1-0浦和】町田也真人の渾身ダイビングヘッド弾で競り勝つ!

町田也真人。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

両指揮官が総括を語る。

[J1 22節] 大分 1-0 浦和/2021年7月10日19:03/昭和電工ドーム大分

 J1リーグ22節、大分トリニータが町田也真人のダイビングヘッド弾を守り切り、浦和レッズに1-0の勝利を収めた。大分はリーグ5試合ぶりの勝利。一方、浦和は同4試合ぶりの黒星を喫した。

 大分は浦和対策を徹底。長沢駿がボランチの柴戸海までケアする守備を見せ、また「嫌らしいポジションを取って起点になる」(片野坂知宏監督)とキーマンに挙げた小泉佳穂へのプレスも複数人で行う。

 そして12分、小林成豪の左サイドからのクロスを、ファーサイドに走り込んだ町田がしっかりヘッドで叩き込んで、ゴールネットを揺らす。前半はシュート9本(枠内7本)対1本(同ゼロ本)と、ホームチームが一方的に攻めた。

 ただ大分も長沢らが決定機を逃して、追加点を奪い切れない。

 後半、浦和は杉本を投入。「相手センターバックをブロックする役割を委ねた」(リカルド・ロドリゲス監督)と杉本とユンカーの2トップにして、ハイプレスをより明確にする。

 これでリズムを掴んだ浦和が攻め続けた。しかし、汰木康也の決定的なシュートがブロックされるなどゴールを割れない。

 両チームともに交代選手を投じるなか、最後は暑さもあってプレー精度も下がる。結局、大分が1-0で逃げ切った。

 リカルド・ロドリゲス監督は「これだけ固い守備をしてくる相手に多くのチャンスを作れたのはプラスであり、そこでどのように精度を上げていくのかを徹底したいです。後半のような戦いを続けること。全体としては上昇気流に乗れていると思います。もちろんこの2試合勝てなかったのは残念ですが、これも過程であり、さらに上を目指していきます」と語った。

 また、大分の片野坂知宏監督は次のように振り返った。

「今日ホームで浦和さん相手に久しぶりの勝点3を取ることができて嬉しく思っています。ある程度分析してきた想定内の中で戦うことができました。ただユンカー選手、それを生かす選手も能力が高く、1点では勝てないと思っていました。できれば2点目をとって、余裕を持ってプレーできれば良かったですが、最後まで高い集中力を保ちクリーンシートで終えられました。よくボールに対しチャレンジし、布陣をコンパクトに保ち戦ってくれました。ただこれから得点力を上げていかないと勝点3は奪えないので、クオリティを上げていきたいです」

注目記事:【東京五輪】フランス逆境に強し、日本代表DF酒井宏樹が警戒「計り知れない能力を発揮する」。マルセイユで5年プレーし浦和移籍

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×