×

【鹿島】前群馬監督の奥野僚右氏がコーチ就任「アントラーズスピリットを胸に一日一日最善を尽くす」

(C)SAKANOWA

現役、コーチとして長年貢献。2011年以来の“復帰”に。

 J1リーグの鹿島アントラーズは8月6日、前ザスパクサツ群馬監督の奥野僚右氏がトップチームのコーチに就任することが決まったと発表した。

  奥野氏は1968年11月13日生まれ、京都府出身、52歳。現役時代のキャリアは、山城高校 ― 早稲田大学 ― 鹿島(93年から99年) ― 川崎フロンターレ ― 広島 ― 草津。通算成績はJ1リーグ231試合・2得点(鹿島では185試合・1得点)、ルヴァンカップ41試合・0得点(鹿島では30試合・0得点)、天皇杯通算19試合・1得点(鹿島では17試合・1得点)。

 指導者として、草津/群馬、山形の監督、鹿島(2004年から2011年)、福岡のコーチ、またJFAナショナルトレセンコーチを務めてきた。

 奥野氏は「今回このような機会をいただき、とても光栄に思います。鹿島アントラーズの躍進のために相馬監督を支え、 アントラーズスピリットを胸に一日一日最善を尽くします。よろしくお願いします」 とコメントしている。

 鹿島は7月27日に熊谷浩二コーチの退任を発表していた。

注目記事:東京五輪日本代表の市場価格ランキング。上田綺世と町田浩樹は? 2位久保建英19億円、1位は…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×