×

ムアントン、アディサクの浦和挑戦に期待。タイ代表17ゴールのストライカー

タイ代表でのアディサク・クライソーン。 (Photo by Stanley Chou/Getty Images)

「チャンスがあると信じている」。過去にはKリーグ移籍の可能性も。

 タイ1部ムアントン・ユナイテッドはこのほど、J1リーグの浦和レッズとのパートナーシップ協定の締結に関するオンラインによる記者会見を合同で行った。

 クラブ公式サイトによると、この記者会見の中で、ムアントンのロナリット・スエワチャ・クラブダイレクターがコメント。「この提携は、シニア(トップチーム)とアカデミーの両部門で、アスリートの可能性をより高めるコラボレーションになります」と語り、アカデミーの親善試合の実現、コーチの派遣などにも期待を寄せている。

 また、SNSで発信しているメディア『ムアントン・ユナイテッドタイランド』によると、このロナリット氏が、ムアントンに所属するタイ代表FWアディサク・クライソーンのJリーグ、浦和レッズへの挑戦が実現できるかどうかも楽しみにしているというコメントを紹介している。

「今シーズン、私たちは彼(アディサク)にチャンスを与えたいと考えていました。過去には韓国Kリーグとの交渉で最終段階まで行きましたが、残念ながら実りませんでした。しかし将来的には、日本でプレーできるチャンスが確実にあると信じています。しかし、それが浦和レッズか他のチームであるのか、それは交渉によるでしょう。私たちはその時に備え、新たなストライカーを探す必要があります」

 そのようにアディサクの浦和、あるいはJリーグ行きの可能性に言及している。

 アディサクは1991年2月1日生まれ、タイ出身の30歳。タイ代表では39試合・17ゴールを記録している。センターフォワードがメインポジションで、両ウイングにも対応可能。タイを代表するストライカーの一人だ。

【注目記事】
・日本代表の森保一監督を辛辣批評「過大評価された選手ばかり起用。まるでアジアのアルテタ」。豪州メディアがW杯最終予選の10月決戦を前に

・「プロとして重罪だと伝えた」名波浩監督が厳しい一言。金沢1-1松本、数的不利から土壇場で追い付いたが…

・【PHOTO STORY】浦和のナンバー8、猶本光が決勝アシスト!駒場WEリーグ開幕戦を白星で飾る

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×