×

ユベントスから吉田麻也、今季セリエA2点目!サンプドリア、あと一歩まで詰め寄るも2-3で敗れる

サンプドリアの吉田麻也。(Photo by Gabriele Maltinti/Getty Images)

1勝2分3敗と五分に戻せず黒星先行に。

[セリエA ] ユベントス 3-2 サンプドリア/2021年9月26日12:30(日本時間19:30)/アリアンツ・スタジアム・ユベントス

 UCサンプドリアの日本代表DF吉田麻也がユベントスFC戦、コーナーキックの流れからヘディングシュートを叩き込み、今季2ゴール目を決めた。しかし試合はあと一歩及ばず、2-3で敗れた。

 立ち上がりから劣勢を強いられ、10分にパウロ・ディバラ、43分にPKでパウロ・ボヌッチに決められリードを広げられる。

 しかし前半終了間際、左CKを得たサンプドリアはショートコーナーを選択。そこから斜めに放り込んだクロスに対し、吉田がジャンプヘッドで合わせて、ゴールネットを揺らしてみせた。

 後半には吉田が引き出されたあとにマヌエル・ロカテッリに加入後初ゴールを決められてしまう。それでも83分、アウェーチームはアントニオ・カンドレーヴァの一撃で、再び1点差に詰め寄る。しかし……最後も猛攻を試みたが、あと1ゴール届かず。決して好調とは言えないものの、ユーベから3点を奪うのは至難の業だった。

 ユベントスは2勝2分2敗(10得点・10失点)とすべて五分に戻した。一方、サンプドリアは逆に五分に戻せず1勝2分3敗(7得点・10失点)と黒星先行に。

 吉田は開幕からセリエA全試合フル出場を続けて、リーグ6試合(540分)出場・2得点。

【注目記事】
・【市場価格付き】あと5日!工藤壮人、森本貴幸、塩谷司…Jリーグ獲得可能10人の日本人選手リスト、“掘り出しもの”も…

・【松本2-1北九州】J2残留争い勝点6を動かす誤審!?疑惑のシーン、前川はそもそもオンサイドか

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×